2021.2.10

【新店】2/7OPEN!麺屋鶏風の跡地にできたつけ麺専門店【麺屋 つけ麺 太輔/浅草】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
全粒粉ストレート麺自家製麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁

せきどです。

今回は浅草の新店、麺屋 つけ麺 太輔に行ってきました。駅からダッシュで5分圏内。浅草雷門の通り沿いにあります。地下鉄駅から向かって奥のT字路を右に曲がると富士らーめん若武者きび太郎など過去ブログで紹介した美味しいお店がずらっと並ぶ、つけ麺激戦区です。他にもじゃん腹や三豊麺 ~斬~など、まだ紹介していないお店もたくさんあったりします。

 

 

17時前に来店。お祝いのスタンド花のほか、浅草開化楼と共同開発という、なかなかテンションの上がる看板があったりします。二階建てで作られてまして、一階はカウンター、二階にはテーブル席があるようです。

 

 

店員さんは3名。卓上はこんな感じ。卓上調味料は魚粉、辛味粉、にんにく酢です。辛味粉は自家製ラー油の下に沈澱しているような感じのものが詰まっていまして、なかなか香ばしい感じです。

 

 

提供まで15分ほどかかったので、その間に卓上の書き物などをみていると、麺量1kgまで同価格という、結構攻めたサービスを行なっていることが判明しました。大食いの人、大喜びですな。俺はもちろん並を注文です。

 

特製つけ麺 1,200円 トリュフ香る卵かけご飯 300円

 

非常にパワフルな見た目です。実はこちらのつけ麺とは別に「濃厚つけ麺」というメニューもあったんですが、無印のつけ麺の時点でもなかなかの濃厚さを感じられます。

 

 

つけ汁は香りからしても超王道の豚骨魚介っていう感じでしょうか。極太めんまや刻んだチャーシュー、ネギなどが入っております。

 

 

麺皿はこんな感じ。ちょっと見える麺は浅草開化楼との共同開発の太ストレート麺。全粒粉が練り込まれているので、小麦の香りはしっかり感じられそうです。トッピングには男の夢が詰まった超大型ブロックチャーシューと、ロールチャーシュー2枚、味玉のほか、もやしとネギが乗っかっています。

 

 

こちらはサイドメニューのトリュフ香る卵かけご飯。すでに割られて乗っかった状態での提供です。卵かけご飯にトリュフがブッ込まれているのは魄瑛ぶりかもしれません。

 

実食

 

つけ汁はやはり香り通りしっかりとした豚骨魚介ですが、なかなか味が濃い、というより塩気が結構強いです。麺はそれに負けないようにか、歯応え強めのどっしりとした麺で、つけ汁に潜らせてから一口啜ると小麦の香りもスープも両方楽しむことができます。すごいうまい。

並で麺量200gですが、これくらい食べ応えがあったら個人的には200gで大正解。

 

後半魚粉や辛味を少し入れたのですが、味が濃い分少し程度ではほとんど味変感がありませんでした。しっかり入れると、うん、バッチリ味変です。めちゃくちゃうまい。

 

 

トッピングのチャーシューはそれぞれ全く違った味わいです。

ロールチャーシューの方は若干炙っているのか、表面はパリっとした食感で香ばしさがあるのに対して、ブロックチャーシューの方は香草の香りか、重たい味付けの中でややおしゃれな香りが鼻を抜けます。

 

最後に卵かけご飯で締めたのですが、これは失敗しました。豚魚の強いスープの味が残ってしまい、繊細なトリュフの香りを楽しむことができませんでした。うぅ・・・最初に食べればよかった。諦めてスープをちょっと入れてかき込みました。

15分くらいかけてゆっくり完食。ごちそうさまです!

 

緊急事態宣言中の開店、なかなか大変だと思いますが、長く根差すお店になって欲しいです。気になる方は感染症対策を施した上で、食べに行ってみてください!

 

現在、首都圏では新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が出ておりますが、当記事は政府の要請、方針に則った上で作成しております。また、非常事態宣言の影響で営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

 

麺屋 つけ麺 太輔

※新店のためか位置が若干異なっています。 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報