2020.3.2

やられた【富士らーめん/浅草】

緊急激ウマ指定店
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
多加水麺自家製麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

今回きたのは浅草にあるラーメン屋、富士らーめんです。名前からして富士そばみたいなもんでしょと思って巡るのが遅れてしまいましたが、やられました。

今回は、私がどのようにやられて、結果どうなったのかというのを客観的にかつ明瞭にお伝えいたします。

 

 

まず店構えはこんな感じです。通行人に邪魔にならないように避けながら撮影したため、いつもの通りぶれています。そろそろぶれない写真を普通に取れるようになりたいと思いました。

このとき私は特段期待もせず、まあ行ってみるか程度の感覚でした。入った瞬間に店員さんが優しく、かつ実にスピーディに席へと案内してくれます。

カウンター席はほぼ満席。年齢層は浅草ということもあり、老若男女、海外の方まで多くの人がいらっしゃいます。

驚いたのは外国人に対する対応から、おばあちゃんに対する対応まで一貫して非常に優しく、気遣いがあること。おばあちゃんが食べた後には「お味はどうでしたか?」。外国人に対しては非常に流暢な英語で対応。いや〜、接客してるな〜。素晴らしいなぁ。

 

つけ麺並 850円/トッピングチャーシュー 350円

 

これです。これにやられました。

 

実食

 

やられました。麺、スープ、そしてトッピング。全てがうまい。ドロ系のつけ麺でこの爽やかさはすごい。曳舟にすずめ食堂という、一押しのラーメン屋さんがあるのですが、こちらのラーメンのうまさに非常に似ています。

 

 

ひとつひとつ振り返ってみます。まずスープ。豚骨がベースの魚介スープだと思うのですが、どろっとしているのに非常にあっさりしています。散らしたネギがまたアクセントになっていてすげーうまい。

そして麺は自家製麺なのだそう。こちらの麺はつけ麺でも中細くらいの太さで、コシが細麺の乾麺のうどんを固めに茹でた感じに近く歯ごたえがあります。これがまた俺が好きなやつでして、爽やかなスープに合い、250gの麺量なんてまったく気にせずすっと食べられます。前述したすずめ食堂もこれに近いんですよね。こういう歯ごたえある中細麺ってあんまり流行ってないのですが、絶対に需要あるはず。

 

 

そしてチャーシュー。炙ったかわかりませんが、この焦げた部分の香ばしさがめちゃくちゃうまい。

スープ割りもまた、非常に美味しくいただきました。最後の最後まで、朗らかなお店でした。いや〜、うまかった!

 

関連記事