2021.4.15

与ろゐ屋出身の店主の作る絶品あっさりつけ麺【中華そば 新/新御徒町】

ウマつけ認定店
中華そば新のつけ麺の写真
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

せきどです。

今回は台東区、新御徒町駅から徒歩ですぐのところにある麺屋さん、「中華そば 新」を紹介します。読み方は「あらた」かと思っていたのですが、「しん」だそうです。この通りを通る時毎回気になっていまして、他のお店を優先させてしまっていたためなかなか訪れることができずにいたのですが、ようやく訪れることができました。

というのも、このお店の店主は与ろゐ屋出身、そして富士らーめんを共同で立ち上げた後独立、ということが分かりまして、どちらもとても好きな俺にとってはこれはもういくしかないと思い立った感じです。

 

中華そば新の外観

 

以前紹介している綾瀬のわた井、そしてビブグルマンを獲得しているラーメン屋さんであるトイボックス、共に与ろゐ屋出身。与ろゐ屋ってやっぱりすごいわ。どのようなつけ麺が出てくるのか非常に楽しみなのです。

 

中華そば新の卓上写真

 

入店して思ったのですが、非常に空気感が良いです。静かなのですが日当たりも良いし、お店全体が明るく清々しい感じがします。卓上調味料は胡椒、お酢に自家製のラー油。このラー油、フライドガーリックが入ってまして非常に香ばしいんです。お水はレモン水のため、口当たりも非常にさっぱり。

 

中華そば新のつけ麺の写真

つけ麺 780円 味玉 80円 チャーシュー(2枚) 250円 明太子小めし 100円

 

中華そば新のつけ麺のつけ汁の写真

 

スープを見て、これは完全に与ろゐ屋の系譜だと思いました。このさっぱりとした清涼感のある感じ、たまりません。細かく刻まれたネギと柚子の入ったさっぱり淡麗の醤油スープ。これは夏バテしている時でも、体調を崩している時でも、どんな状況でも関係なくめちゃくちゃ美味しく食べられるやつです。

 

中華そば新のつけ麺の麺皿の写真

 

麺は浅草開化楼のちぢれ(もうこれだけで大勝利)、大ぶりのめんまが2つに海苔、追加トッピングしたチャーシューと味玉。チャーシューは2枚が追加トッピングなので1枚はデフォルトでしょうか。

感動ポイントが3つありまして、まず味玉80円という値段設定。味玉100円を切るお店って、なかなかないんです。ありがたい・・・。そして浅草開化楼の麺は、あの有名なカラスさんが製麺したという点。

 

中華そば新のつけ麺のチャーシューアップの写真

 

最後に、炙りチャーシュー。これが富士らーめんのそれに非常によく似ているんです。なんというか与ろゐ屋も富士らーめんも好きな俺にとってこのハイブリッド感はまじでたまりません。香ばしくて本当に美味そうな匂いするんですよこれが。

 

中華そば新の明太子ご飯

 

そして値段の安さから思わず頼んでしまった明太子小めし。100円。小めしというからもう少し小さい器かと思いきや、普通にご飯150g以上ありそうな感じ。100円ライスはよく見かけますが、明太子が乗ってて100円はあんまりない気がします。こういうのがマジで嬉しいんだよな・・・。

 

中華そば新のつけ麺の麺リフト写真

 

爽やかなさっぱりスープですが、この歯応えあるちぢれ麺にしっかりスープが乗るんですよね。小麦の味も、スープの味も、そして柚子の爽やかさも全てを楽しむことができる、技巧派のつけ麺。幅を利かせた酸味がまたすごい美味しい。途中ラー油を入れて食べると一気に香ばしくなりまして、最後まで飽きずに美味しくいただきました。

 

麺は大盛りまで無料とのこと。今回は並盛り200gでオーダーでしたが、これは大盛り350gでも全然ぺろりといけちゃう気がします。あっさりしていてどこか懐かしい、最高のつけ麺でした。ごちそうさまです!

与ろゐ屋が好きな方、是非食べてみてほしいな〜。

 

中華そば 新

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報