2021.6.4

御徒町にて節香る二郎インスパイア系つけ麺の野菜ましましを食べる【麺や希/御徒町】

ウマつけ認定店
麺や希のつけ麺の写真
スープの特徴
二郎系
麺の特徴
低加水麺縮れ麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁

どうも、せきどです!

今回紹介するのは御徒町にある二郎インスパイア系の麺屋、「麺や希」のつけ麺になります。初訪問。久しぶりのインスパイア、胃がうねっております!

 

麺や希の外観写真

 

場所は御徒町のJR高架下、「麺屋翔」や「中本」の入るラーメン横丁からすぐ近くにあります。駅から徒歩1分ほど。創業は2013年なので、今年で8年目に突入するお店です。縦長の店内でカウンターのみ8席ほど。

行った日はたまたまお昼時、開店直後で1番目。店員さんは店主を含め2名、一人は呼び込みをされていました。

 

麺や希の卓上写真

 

卓上はシンプルで、調味料はカウンター上部に。やや狭めな空間ではありますが、隣席との距離はしっかり確保されている印象です。

 

麺や希のコール注意書きの写真

 

そしてインスパイアですので、麺茹で後にトッピング「まし」のオーダーが可能です。「お好みは」とか「にんにく入れますか?」とかではなく、店主さんが「〜〜の方」などで聞いてきますので、その際に上から順番に伝えていく感じでした。

 

麺や希のつけ麺の写真

つけ麺 800円

 

今日は「野菜ましまし、からめ、にんにく」でオーダー。どのトッピングも「トリプル」までいけるようで、野菜はトリプルだと800g。今回は初ということもあり、様子見で「ましまし」にしました。目算4-500gといったところでしょうか。

 

麺や希のつけ麺のつけ汁の写真

 

出汁は節香る豚骨魚介。とろっとしたまろやかな舌触りではありますが、二郎インスパイアの中では比較的ライトな印象でした。からめでちょうどいい感じ。やや酸味が強く、優しい豚骨スープといった感じがします。中に入っているめんまの酸味とごまの香ばしさが印象的で、野菜をつけて食べるとめちゃくちゃ美味しいです。

 

麺や希のつけ麺の麺皿の写真

 

麺皿はこんな感じ。麺は大勝利浅草開化楼のワシワシ太ちぢれ麺。もっちりした食感が気持ちよく、なかなか食べ応えがあります。トッピングは豚3枚に野菜、そして結構荒めに刻まれたにんにく。

麺量はデフォルトで200gなのでインスパイア系にしては軽くいただくことができます。印象としては野菜ましましで食べて、無理せずちょうどお腹いっぱいっていう感じです。

 

麺や希のつけ麺の麺リフト写真

 

スープにつけて食べると、鰹の香りと小麦の香りに、豚骨、ごまの香ばしさ、そして酸味が下でしっかり支えている感じ。前述した通り、比較的軽めなスープでしたが豚は脂部分の量も多く、総合してとてもちょうどいい塩梅でした。味変もせず、最後まで美味しくいただくことができました。ごちそうさまです!

気になった方は是非、足を運んでみてください!

 

現在、首都圏では新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が出ておりますが、当記事は政府の要請、方針に則った上で作成しております。また、非常事態宣言の影響で営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

 

麺や希

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報