2021.4.3

流行りの丸鶏系つけ麺が秋葉原に!【鶏そば鯛そば きょうすけ/秋葉原】

ウマつけ認定店
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
平打ち
かえし
醤油
出汁

せきどです。

全く知らなかったのですが、去年の3月に秋葉原に丸鶏清湯系のつけ麺を提供する麺屋さんが開業されていたそうです。

はやし田を代表とする丸鶏系。都内では何年経っても人気が続いていて、俺もめっちゃ好きなジャンルの一つです。他にも当サイトで紹介したお店でぱっと思いつくものを挙げると花山竹むらます田田じま、・・・まだまだ挙がると思いますが、どのお店も非常に美味しいです。

 

きょうすけの外観

 

名前は「鶏そば鯛そばきょうすけ」という麺屋さん。場所は秋葉原駅から西にダッシュで2分くらい、メイドさん達がたくさんいてちょっと迂闊に前を向いて歩けない通りの角にありました。

外観や券売機を見る限り、結構しっかりした作り。個人店ではなさそうだな〜と思って、張り紙などをみてみたところ、なんと意外や意外、経営会社は「ひむろ」。ひむろって言ったらあの、北海道ラーメンのひむろなのか?? 都内でも10店舗くらいバリバリ多店舗展開していて、俺自身錦糸町店ではお世話になりっぱなしのひむろなのか・・・。

調べてみると、ここは以前北海道ラーメンひむろの秋葉原店だった場所。新規ブランドとして看板を架け替え、ネオクラ系の麺屋さんになったんですか!! なるほどな〜。

 

きょうすけの卓上写真

 

ということで、早速店外で食券を購入後、店内に入ります。厨房に沿ってカウンターがありまして、フロアにはテーブル席もありました。二階席もあるみたいなので、キャパはかなりありそう。店員さんは2人で、共にとても丁寧な接客をしていました。

 

オーダー後ぼけーっとしていると、ふと、ピコーンと。ひむろで、きょうすけか、なるほど。というか今まで気づかなかった自分の頭の回転の悪さよ・・・。

 

特製つけ麺 1,050円 卵かけご飯 200円

 

きょうすけの特製つけ麺のつけ汁

 

スープにはやはり大山どりを使用しているそうです。なかなかのオイリーさ。いい香りがします。穂先めんまのほか、コロコロの豚チャーシューと、ネギが散っています。すんごい綺麗な見た目。

 

きょうすけの特製つけ麺の麺皿

 

麺は平打ちストレートの熟成多加水麺。麺量は結構多そうです。3種の昆布と花ガツオを使って作られた昆布水に浸かっています。トッピングは鶏チャーシュー2枚、豚チャーシュー2枚、穂先めんま、味玉。

 

きょうすけの卵かけご飯

 

そしてこれが一緒に頼んだ卵かけご飯。卵黄のオレンジ具合は加工でもなんでもなくこんな感じで、めちゃくちゃ美味そう。卵が入った器に一緒にタレも入っているので、そのままかけて食べられます。

 

きょうすけの特製つけ麺の麺リフト

 

スープは写真の見た目以上にしっかりオイリーでして、ぬるっとした舌触り。麺は熟成多加水ということで、ツルツルもちもちしているのですが歯応えもしっかりありますし、喉越しもとてもいい感じ。

 

提供時に、「昆布水が底に入ってるので、混ぜてから食べてください」と言われたのですが、俺いつもダメなんですよね、1口目は。楽しみにしすぎているのか、いつも条件反射でそのまま食べちゃうんです。食べた後で思い出すのです。しかしながら昆布水絡めないで食べても鶏の旨みとキレのある醤油をしっかり感じることができました。2口目は昆布水をしっかり絡めて食べますと、また旨みがぐわっと広がりまして、非常に美味しいのです。

そしてさきほども記した通り、なかなか麺の量があるんです。ネオクラ系のお店はちょっと量が物足りないことが多くて、セットで丼とか卵かけご飯をいつも頼んでいるのですが、これくらいの量なら単品でも満足できる気がします。

 

きょうすけの卵かけご飯のアップ

 

そして卵かけご飯。

ちょっとご飯の見た目がベチャっていたので大丈夫かなと思っていたのですが、味も食感も全然問題なかったです。卵黄を崩しながら少しずついただいていきます。うん、美味しい。

 

最後はあまった昆布水でスープ割り。最後まで美味しくいただきました。昆布水だけでなく、言えば魚介出汁でもスープ割りができるそうです。この立地でこの値段でこの味は素晴らしいと思いました。夏には冷やしつけ麺があったりする模様ですので、発売が待ち遠しいです。

ごちそうさまでした! 気になった方は是非!

 

鶏そば鯛そば きょうすけ

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報