2020.1.20

錦糸町、終電逃した後で食べれるつけ麺がありすぎ問題【北海道らーめんひむろ/錦糸町】

認定なし
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
多加水麺縮れ麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
味噌
出汁

東京の東の関所とも言われている錦糸町。新宿に比べたらミニマムですが、こちらも眠らない街であることに違いはありません。終電を逃した友人が立ちんぼの人にホイホイついていきたけのこはぎにあったという話もしょっちゅう聞きますが、自発的に何かをしない限りは極めて平和な街であります。

そんな街だからこそ、終電逃した後でも食べられるつけ麺がたくさんあるんだなぁ。南口のハッスルラーメンホンマ、北口はなりたけ、そして今回お邪魔したのは北海道ラーメンのお店、ひむろです。

 

 

JR北口からダッシュで30秒の距離と、比較的立地もよく、この日も終電を逃したか、元から朝まで行くつもりだったのかはわかりませんが、若者たちで賑わっています。注文は席に座ってからのシステム。やはり飲み会の締めで行くのにちょうどいい店って感じです。店内ではかなり酔っ払ってるお客さんもいます。

北海道ラーメンのお店ではありますが、つけ麺は「辛味噌つけ麺」と「みそだれつけ麺」の2種類ありました。

 

みそだれつけ麺 890円

 

今回頼んだのはみそだれつけ麺。みそだれっていうのが珍しいな〜と思いまして、こちらにしてみました。冷やし中華みたいな感覚で食べればいいのかな。

 

 

実はこのとき僕もかなりへべれけレベルで酔っ払っていまして、正直匂いをレポとか全くと言っていいほどできておりませんでした。これ食べた後でサウナに行ったのは覚えてるのですが、そこから先どうやって家に帰ったのかもそこまで覚えていません。いひひ。

でも、これ見た目で見る限り本当にあったかくした「みそだれ」です。

 

 

そして麺皿はこんな感じ。色味がめちゃくちゃ綺麗で食欲を誘います。多加水の縮れ麺の周りには、濃い味付けのメンマと味玉、チャーシュー、海苔、そしてネギが盛り付けられてあります。

注文した後で気づいたのですが、「並盛り370g」と書いてあったんですね〜。370gですか、嘘でしょ。普段だったら回れ右してそのまま帰宅するレベルですが、今回は頼んだ後だったので甘んじて引き受けることに。

 

実食

 

沁みる。

酒の締めはやっぱり味噌ですね〜。正直出汁とかわからないくらいの味噌の強さと酔いの深さでして、全然詳細な味はさっぱりでしたが、たまらないくらいうまい。魔法みたいです。370gなんて普段だったら食えたもんじゃない上、ちょっと前まで酒場で焼き鳥ばっか食べていた僕ですが、普通にペロリといってしまった。

ひょっとしたら370gは茹で後のことかもしれませんな。

 

関連記事