2020.7.13

一緒くたに家系といってもつけ麺は全然違う!【ラーメン 吉田屋/森下】

ウマつけ認定店
スープの特徴
トロトロ
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

都営新宿線に森下という駅があります。

本八幡行きの急行電車が止まる駅として、京王線ユーザーの方には聞き馴染みがあるかもしれませんが、地理的には江東区の北西の方、墨田区のすぐ下って感じです。隣の菊川という駅はこの間けんゆうという家系のお店につけ麺を食べに行きました。

森下には飼ってるインコのかかりつけの小鳥病院があるため、検診などがある場合はタクシーで行くんですが、鳥を抱えずにくるのは初めてかもしれません。

 

吉田屋の外観

 

今回はこちらの吉田屋というお店です。これまた家系です。最近になって割としっかりとした家系のお店にも魚介つけ麺が結構あることを知り、しかもそのアプローチが店によって異なることがわかって来ました(咳戸調べ)。それこそこのあいだ行ったけんゆうでは平打ち多加水麺にボリューミーなキャベツ/ほうれん草といった感じに。

こちらの吉田家はどのような感じなのでしょうか。ワクワクします。

 

吉田屋の卓上

 

卓上はこんな感じ。かなり綺麗で清潔感があります。家系としてはちょっとトッピングが物足りないかな〜と思っていたのですが、

 

吉田屋の卓上調味料

 

無事こちらに発見。こんなんテンション上がるに決まっているじゃないですか!全部試したいわ全く!

 

吉田屋の全乗せつけ麺

つけ麺 全乗せ 1,080円

 

吉田屋の全乗せつけ麺のつけ汁

 

つけ汁はやっぱり家系なだけありなかなかの濃厚っぷりです。魚粉がこれでもかとありますが、この量をもってしても家系のスープの匂いの方が強く感じられます。

 

吉田屋の全乗せつけ麺の麺皿

 

麺皿はこんな感じ。こちらもかなり個性ある内容です。ほうれん草、チャーシュー、味玉、海苔の四種の神器の他にも、もやしがどかっと入っていますし、めんまは黒胡椒で炒めているみたいですな。にしても、このチャーシュー、俺が好きな感じのやつです。プルプルしていない、どっしりと構えた感じのチャーシュー。

 

実食

吉田屋の全乗せつけ麺の麺リフト

 

うまい。

まず驚いたのは麺です。加水率が高くすごいもちもちした食感です。このスープに合う合わないは別として、かなり攻めた麺です。スープはしっかりと濃厚ですがしょっぱさはあまり感じません。いい感じの塩気をキープしています。これは最後まで飽きずに食べられそう。

 

そしてチャーシュー、うまい!

こういうチャーシューは厚みがあっても全然重くないんですよね。問題なく最後まで美味しく食べることができました。

 

そうそう、吉田屋はまぜそばなんかも提供しているみたいです。気になる方はぜひ足を運んで見てください。ごっつぉうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事