2021.4.11

花椒好きなら是非食べとくれ!有名店の店舗限定「痺れ」つけ麺【六厘舎/上野】

ウマつけ認定店
六厘舎上野店のつけ麺痺れのサムネ写真
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
ストレート麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁

せきどです。

今回は上野にある六厘舎を紹介します。六厘舎はすでに丸の内押上などの店舗での記事を書いてきていますが、お店によって限定のつけ麺を提供している店舗があるんです。例えば大崎には坦々つけ麺がありまして、これは他店舗では販売していません。

 

六厘舎上野店の外観写真

 

上野店限定は「痺れ」。そう、花椒と唐辛子が入った濃厚魚介豚骨つけ麺を販売しているのです。これは花椒好きにはもうたまりませんよね。

 

六厘舎上野店の卓上写真

 

店内はカウンター席、テーブル席ともに結構ありまして、20人は絶対入るキャパとなっています。その分卓上はやや狭めかなといった感じ。卓上調味料以外にも、あらかじめスープ割りが配備されています。

 

六厘舎上野店のつけ麺痺れの写真

つけ麺 痺れ 900円 トッピング(味玉、ねぎ、ほぐし豚) 

 

六厘舎上野店のつけ麺痺れのつけ汁の写真

 

スープはこんな感じ。俺だけかもしれませんが、六厘舎のつけ麺って、提供された瞬間のご褒美感がありますよね。もう、絶対満足することが保証されているような濃厚魚介豚骨スープ。香りも味も素晴らしいんですが、それ以上にやっぱり「食べた〜〜〜!」ってなるくらいの満足感があるんです。

具はチャーシュー、ほぐし豚、ネギの他、めんまや唐辛子も入っています。このほぐし豚は結構六厘舎の醍醐味的存在で、麺を啜る時に自然とスープを吸ったこれが絡むことで肉肉しさ、食感、スープの絡み具合などのレベルを一気に引き上げてくれます。

 

六厘舎上野店のつけ麺痺れの麺皿の写真

 

麺も大満足の太ストレート麺。小麦の香りとかもやっぱり良いのですが、まず食感が物凄く気持ちいいし、量もしっかりあるんです。今回は追加トッピングに味玉も頼んじゃいました。

 

六厘舎上野店のつけ麺痺れの麺リフト写真

 

麺とスープの浸け具合を調整することで、味変をしなくとも味わい方にめちゃくちゃバリエーションがあるのも六厘舎のつけ麺の好きなところです。ミルに入った花椒をかけて食べると、濃厚なスープであるにも関わらず、あのビリビリ感をしっかりと堪能することができます。好きな人のためにミルで調整可能にしているのも嬉しいですよね。俺もうめっちゃかけちゃう。

黒七味やライム酢、魚粉などを追加しつつ食べていくと、さらに味わいに変化があって非常に楽しいです。

 

六厘舎上野店のつけ麺痺れのチャーシューアップの写真

 

半分くらい食べたら追加のネギをドーンとぶち込みます。シャキッとした食感が加わって一気に爽やかに。ネギは全て拐わずに少し残しておいて、スープ割りをした後に一緒に食べるのが俺的ジャスティス。最後の最後まで美味しく楽しくいただくことができました。並盛りで十分お腹いっぱい!

ごちそうさまでした。いやはや安定安心の六厘舎ですが、このように店舗によってさまざまな限定メニューがあるというお話でした。六厘舎のつけ麺が好きな方、色んな店舗を回ってみてはいかがでしょうか??

 

六厘舎

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報