2020.10.18

限定!東京ラーメンストリート15周年記念つけ麺【六厘舎/東京】

緊急激ウマ指定店
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁
その他

東京駅地下にある「東京ラーメンストリート」が15周年を迎えたということで各店舗が限定麺を周年記念用に提供されています。これは行かねば!

今回はそのうちの1店舗である「六厘舎」さんの限定つけ麺を紹介しようと思います。

 

<東京ラーメンストリート>

東京ラーメンストリート

六厘舎をはじめとした計8店舗が出店されています。15年も経っていることに驚きました。

今回の周年記念麺では六厘舎さんの他に「斑鳩」さんがつけ麺を提供されています。うにソースつけ麺らしくこちらも気になりますね。

 

<外観>

六厘舎の外観

らーめんストリートの一番奥まで歩いたところにお店があります。

平日の18:30頃到着で15分ほど待ちました。この待ち時間で限定麺が食べられるのは嬉しい!換気もバッチリ。

 

<卓上>

六厘舎の卓上

黒七味やゆず粉といった一際変わった卓上調味料もご用意されています。

自身の好みに合わせてカスタマイズして楽しみましょう。

 

<全体>

六厘舎の限定つけ麺

@六厘舎特製餃子つけ麺(¥950)

「餃子の形は影も形もないのに餃子の味!餃子を麺ですする新感覚のつけ麺!」をコンセプトに開発された今回の周年記念麺。確かに餃子のつけ麺って今までに食べたことないなあ。

どうやら麺は通常のものと同じでスープが違うようですね。

 

<麺>

六厘舎の麺

麺線が綺麗に整えられた、多加水の極太もちもち麺。つけ麺といえばやはり極太麺に限ります。

小麦の香りもしっかり感じることができ、これぞ王道にして至高の麺だと実感できます。器に刻まれた六厘舎の文字も貫禄があってシビれますね!

各種トッピングはスープに入ってます。

 

<スープ>

六厘舎の限定スープ

ニラ・ネギ・豚のひき肉がたっぷり入った餃子を彷彿とさせる濃厚スープ。スープ上に浮いたラー油を混ぜるとスープは真っ赤に!ピリ辛坦々つけ麺のような印象も受けます。

麺が餃子の皮の役割を果たしており、口の中で混ざり合うことで餃子を錯覚させるといった構造です。

奇抜さを狙いつつもしっかりと完成された美味しさに驚き。さすが六厘舎さんだ。

スープ割まで美味しくいただきました。

 

<総括>

キャッチコピー通りの新感覚なつけ麺でした!その完成度の高さに脱帽。餃子を麺ですする感覚をぜひ味わっていただきたいです。

次回の周年記念つけ麺が今から楽しみになってしまいました笑

朝の7:30から開店されているので、通勤前にささっと朝つけ麺できるのもいいですね!

六厘舎さんのHPTwitterFacebookはこちらから。ごちそうさまでした。

 

<店舗情報>

●営業時間:7:30~9:45(L.O.9:30)10:00~23:00(L.O.22:30)

●定休日:なし

●座席数:カウンター10席、二人がけテーブル席8卓

●電話番号:03-3286-0166

●駐車場:八重洲地下街に有料の駐車場あり

●住所:

つけりき
つけりき
Instagramでつけ麺ばかり載せているつけりきです。投稿数は500以上。よろしくお願いします。

関連記事