2020.4.24

人形町駅前の人気店に初訪問。これは染みる【人形町兎屋/人形町】

ウマつけ認定店
スープの特徴
トロトロ
麺の特徴
多加水麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
かえし
醤油
出汁

今回お邪魔したのは人形町駅出てすぐのところにある、兎屋。人形町は他にも東京駅にも出店している「ひるがお」なんかも有名です。

 

人形町駅付近の大通り

 

ふふん、この四車線、一方通行なんだぜ〜。すごいだろ〜東京(18歳まで僻地在住)。

 

人形町兎屋の外観

 

兎屋、丁寧なWスープで人気の実力派なんだそうですのよ。なにより面白いのが「ラーメン」「つけ麺」拮抗した人気があるんです。レビューを見ても「俺はつけ麺派」「私はラーメンの方が好き!」みたいな感じでそれぞれの推しを敢えて書いている人が多いんですよね。

今回初めて突入します。入店時には食券をすぐに回収してくれるフロア担当の店員さんが。最近銀行でもこの担当のおじさんがいますね。時刻は14時だったのですが、それでもまだまだかなりのお客さんが。

 

人形町兎屋の卓上

 

卓上はこんな感じ。「つけ麺のおいしい食べ方」と書かれた注意書きに、「柚子胡椒20円」と書かれていました。ちくしょー!それ知ってたら買ってたよ!多分席でも言えば対応してくれると思うのですが、気が小さい俺にはそんなマネ、行きつけの松屋でしかできない…。

 

人形町兎屋のつけ麺

つけ麺 味玉 980円

 

ほれみろ…柚子胡椒買ってたら丁度1,000円だったじゃんかよ…。うう、なんか悔しい!

でもいいのです。俺は飾らない、そのままのスープと麺を楽しみたいから!

 

人形町兎屋のつけ麺の麺皿

 

麺は浅草開化楼の平打。浅草開化楼なら間違いはないでしょう。見た感じ加水率高めで食感が良さそうです。

 

人形町兎屋のつけ麺のつけ汁

 

つけ汁には散りばめられたネギ(これは美味いやつ)に、ほうれん草やら刻んたチャーシューやらが入っています。大事なのはなると。これがあるだけでテンション上がりますね。

 

実食

人形町兎屋のつけ麺、ウマつけ認定

 

うまい!

 

人形町兎屋のつけ麺の麺リフト

 

丁度いい、そして懐かしい。エッジのない、めちゃくちゃマイルドなつけ汁です。これなら麺の味をしっかり楽しめます。

最近塩辛いつけ汁のお店によく行くからか、こんな感じのマイルドなつけ汁は非常に安心できます。これなら、大盛りにしておけばよかった(いつもの後悔)!!

 

人形町兎屋のつけ麺のチャーシューリフト

 

マイルドでいながら、奥深い味なんですよね。味の厚みが何層にもあるような、なかなかのコクを感じます。

その上、うーん、なんだろう。不思議な懐かしさがあります。これは定期的に通いたくなるお店です。駅前のためアクセスも良いとても良いお店でした!ごちそうさまです!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事