2020.8.22

新橋でずっと食べたかった煮干しつけ麺をようやく食べることができた日【月と鼈/新橋】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

新橋周辺は調べれば調べるほど美味しそうなつけ麺を提供するお店がたくさんあるようです。こまるなぁ〜。最近は港区によく行くのでちょくちょくつけ麺をいただいているのですが先が見えません。まだまだこのデータベースの作成にも時間がかかってしまいそうです。

今回はその中から2つの店舗を狙ってやってきたのですが、、、

 

休みの銀笹

 

銀笹は空振り。食べログでエリア内1位という人気店なだけあり、スープ終了も早いなぁ〜・・・。しかしながらこれは仕方がないので、気持ちを切り替えます。

もう一方の店舗は無事やっておりました。

 

月と鼈の外観

 

斜めから撮ったため、看板がギリ柱に被ってしまっていますが、月と鼈というつけ麺推しの麺屋さんです。煮干し系のお店で人気も高く、新橋の人気店で検索すると必ずヒットするほど有名なお店です。

夕刻開店直後に向かうとカウンターにお客さんが3名。ソーシャルディスタンスを守った距離で座ります。

 

月と鼈の卓上

 

卓上はこんな感じ。綺麗、おしゃれというよりは、雑多でちょっと薄暗い印象があります。コップもプラだし、卓上も整っている感じはあまりしません。店員さんも新橋で過去行ったお店に比べればちょこっとラフな感じ。でも、その分こちらも気兼ねなくゆるりとできるといいますか、ある種の落ち着きがあります。

接客からものすごく丁寧なお店も武骨なお店も、それぞれに良さがありますよね。

 

月と鼈の特製肉玉つけ麺

特製肉玉つけ麺 1,130円

 

月と鼈の特製肉玉つけ麺のつけ汁

 

つけ汁はこんな感じ。一見粘度がありそうですが、よく見るとそこまででもなさそう。煮干しの香りがこれでもかというほど強く、めちゃくちゃ芳ばしいのです。味玉が真ん中にヌッとおいてある他、ネギが散っていたりと非常に美味しそうな見た目です。

 

月と鼈の特製肉玉つけ麺の麺皿

 

麺皿はもう、どかっとチャーシューが乗っかっています。さすが「肉玉」というだけのことはありますね。もはや刺身の”つま”ポジションに麺があります。しっかり見えませんが、角が弱いタイプの太めの中太ストレート麺。多分三ッ葉だと思われる草が乗ってあります。

 

実食

月と鼈の特製肉玉つけ麺、ウマつけ認定

 

うまE。

 

月と鼈の特製肉玉つけ麺の麺リフト

 

まずは外から煮干しの香りがガツンと口に入りまして、内側から動物系のスープの味が広がる感じです。これだけざらつきのあるしっかりとしたスープのため、歯ごたえのある太めの麺にもしっかりなじみまして、非常に相性が良いです。

よく見るとつけ汁の中には玉ねぎが。煮干し×玉ねぎ=勝ち確ということはこのブログでもなんどもお伝えしてきましたが、やっぱりこちらも相性がいいなぁ。さすがである。

 

にしてもどこかで食べたことのあるような煮干し系だと思い、いろいろと過去の記憶を呼び覚まして見ると、小岩にあるにそっくりだということが判明!

そういえば名前も「月と鼈」「鼈」なので、これはなんらかの何かがあるだろうなと調べてみるとやっぱりそうでした。

小岩の鼈は月と鼈の二号店的立ち位置なのだそうです。いや〜、そういうことか、スッキリしました!

 

ごちそうさまです!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事