2020.7.23

どの店舗でもつじ田はつじ田。安心感が異常に高い理由は【つじ田/日本橋】

ウマつけ認定店
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
多加水麺縮れ麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

今回もつけ麺屋を探し回り、人形町あたりから西へ西へと徘徊しておりました。

何店か巡ったのですが見事に空振りまして、最終的につじ田にたどり着きました。最近の俺の打率はマジで5割を割っているんじゃないかというくらいの空振りっぷりです。

 

つじ田日本橋店の外観

 

つじ田といえば、このブログでも一度御茶ノ水にあるつじ田を紹介しましたが、2005年の開店以後どんどんと店を増やしていき、今では都内を中心に海外まで、20店舗以上を運営しているようです。ひょえ〜、たまげたもんだぜ、全く。

俺も何店舗か行ってるんですが、店によってよくある味のブレみたいなものが全く感じられません。これはたゆまぬ経営努力の表れでしょうか。味だけでなく、その居心地や接客などまで、いや、トレードマークのねじり鉢巻のねじれ具合も、寸分違わず同じに見えてしまいます。あれはもうねじれ具合を調整しているのではなく、「ねじって固定したタオル」を作って量産しているのではないかと俺は睨んでいます。

 

時刻は13時をすぎたあたりでしたが、外待ちのお客さんがまだいらっしゃいました。食券を買うととてつもなく美人の店員さんが確認にきてくれました。う〜ん、一期一会。

 

つじ田日本橋店の卓上

 

卓上はこんな感じ。ちょっと流行りのあれのあれで、一蘭スタイルっぽくなっています。箸は紙袋で一膳ずつ包装されています。以前からこうだったかな、いや、わからん。

卓上調味料はタレとか黒七味とか。

 

つじ田日本橋店の濃厚特製つけ麺

濃厚特製つけ麺 1,100円

 

ブレない。

 

つじ田日本橋店の濃厚特製つけ麺のつけ汁

 

誰からも支持される、まさにつけ麺界の安打製造機のようなスープ。見た目の濃厚さに比べて優しさが溢れる味わいです。中のチャーシューがまた美味しいんですよね。

 

つじ田日本橋店の濃厚特製つけ麺の麺皿

 

麺はツルッツルの中太麺。これもまた安心感があります。すだちは途中で絞るんですよね。

そうそう、最近知ってしまったのですが有名なラーメン屋である「田中商店」も同じグループなのだそう。出自も違うので、それぞれの経営をまとめた感じなんですかね。どうなんでしょう。

 

つじ田日本橋店の濃厚特製つけ麺の麺リフト

 

うまい。

つじ田は豚魚の中ではかなり優しめの部類に入ると思います。老若男女、いろんな方が楽しめる味という感じではないでしょうか。スープと麺の具合が抜群です。味玉も安定感が段違い。

そしてつじ田のこだわりは薬味にもあるんですよね。黒七味を入れると味がキュッと引き締まります。気になる方は違いをぜひ楽しんでほしいです。

 

つじ田日本橋店の濃厚特製つけ麺のチャーシューリフト

 

そしてこのチャーシューがめっちゃうめえ・・・。スープに使っていますが結構量もありまして、俺くらいの胃袋なら大満足です。

満腹になるのに最後までペロリといける美味しさ。スープ割りでしっかりスープも最後まで味わいまして、フィニッシュです。

 

ごちそうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事