2020.7.5

なりたけから独立!!進化したチャッチャ系をいただく【せきやけ/新小岩】

ウマつけ認定店
スープの特徴
チャッチャ
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
かえし
醤油
出汁

本日も新小岩まで自転車を爆走させてやってきました。

最近の新小岩探索には理由があります。緊急事態宣言においての活動自粛中に宅配ピザを食べまくっていた反動からか、体の膨張が目に見えるレベルでなく体感で気付くレベルになってしまっていたからです。そこで最近は出かける際には自転車(電動)を使いできる限り体を動かして減量しようとしているのですが、その努力も最近は「往復一時間が限界だなぁ・・・」と思うようになってきました。

そこで自転車で片道30分でいける距離にあるつけ麺屋を攻めているのですが、もう西の方はずいぶん行ってるので、東の方向で30分移動するとだいたい新小岩になるわけです。

ということで、新小岩付近でヘルシーなつけ麺屋さんから攻めていたんですが、そんな中見つけてしまった俺の努力を全て台無しにしてしまうくらいパンチのある店がこちら!

 

せきやけの外観

 

せきやけ。背脂をふんだんにちゃっちゃすることで有名ななりたけから独立した店主が経営する、究極の背脂濃厚スープを提供する店です。ふむ、なるほど・・・。現在ダイエット中の俺としてはミスマッチな選択ではあるが、見つけてしまったからにはしょうがない。入るしかない。

 

せきやけの卓上

 

平日の昼下がりということもあり、お客さんはかなり落ち着いています。入店すると店員さんは2名。うち1名は学生のアルバイトのようで、いろいろと教わりながら仕事を覚えています。頑張っていいつけ麺屋開業してくれ。

まだ開店から日も浅いため、店内はかなり綺麗。卓上トッピングはほぼなりたけ系を踏襲している模様です。

 

せきやけで見つけた浅草開化楼

 

きました、浅草開化楼。

こちらはなりたけでは見たことのない醤油のつけ麺が食べられるということなので、そちらを注文します。う〜む、久しぶりのちゃっちゃ系ですよ。自粛明けに胡座で食べた豚魚が非常に美味しかったし、今回も絶対うまいと思ってしまう体になっているはず。楽しみで仕方がない。

 

せきやけの特製しょうゆつけ麺

特製しょうゆつけ麺 1,000円

 

せきやけの特製しょうゆつけ麺、ウマつけ認定

 

まだ食べてないのに確信できる匂いです。

 

せきやけの特製しょうゆつけ麺のつけ汁

 

つけ汁のこの背脂の浮き具合は半端じゃないんですが、見た感じなりたけよりかなりこぎれいな印象を受けます。ネギが散られていますが、多分コロチャーなんかも入ってるんじゃないでしょうか。

 

せきやけの特製しょうゆつけ麺の麺皿

 

麺は意外にも平打ち。チャーシュー、味玉、そしてめんまが綺麗に盛り付けられています。これはいいぞ〜。

 

せきやけの特製しょうゆつけ麺のつけ汁のアップ

 

あらためて背脂を確認。これは楽しみです。

 

実食

せきやけの特製しょうゆつけ麺の麺リフト

 

うまい!!

脳汁が出るとはまさにこのこと。自粛期間に足りてなかった背脂が食べた瞬間に脳髄に染み込んでいきます。がつんときます。

味のベースはやっぱりなりたけですが、綿密にくらべると味も脂感も優しめという印象を受けました。だからなのか、麺もなりたけに比べると太さ・食感共にやや優しめ。その分(老)若男女幅広く美味しいと思えるつけ麺なのではないでしょうか。

 

せきやけの特製しょうゆつけ麺のチャーシューのアップ

 

そしてチャーシュー。この薄さがぴったりなんです。ここでえげつないぶっとさのプルップルチャーシューなんかきたらもう絶対食べきれないんですが、これくらい淡白な薄さだとつけ汁につけて食べると本当にちょうどいい。もう、最高です。

 

新小岩には同じちゃっちゃ系だと「ごっつ」がありますが、こっちはもうちょっと運動してからいこうかな。ごちそうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事