2020.6.7

両国で人気の豚骨魚介の味は如何に!?【胡座/両国】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
低加水麺ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

今回はこちらのつけ麺を食べます。

 

胡座の外観

 

胡座(あぐら)。小さくわかりづらい入り口ではありますが、昼時には行列ができるのですぐにわかります。結構長いことやっているそうなのですが、ずっと人気のあるお店です。

店内に入ると12席ほどのコの字型のカウンター。寡黙だけどしっかり丁寧な接客の店主が順番に注文確認と調理をしてくれます。

 

胡座の卓上

 

年季の入ったテーブル。卓上調味料は胡椒と酢、それから一味唐辛子です。

オーダーから待つこと12分ほどで提供されました。

 

胡座の特製つけ麺

特製つけ麺 1,080円

 

久しぶりの豚骨魚介。血湧き肉躍るとはまさにこのことです。

 

胡座の特製つけ麺の麺皿

 

麺皿はこんな感じ。色の濃い中太麺です。

トッピングは綺麗なチャーシュー、味玉、海苔のほかにキャベツが乗っています。珍しい。五ノ神製作所で見かけて以来かもしれない。

 

胡座の特製つけ麺のつけ汁

 

つけ汁は粘度、濃度共に高そうな超濃厚スープです。中には刻まれたネギ、玉ねぎ、チャーシュー、めんまなどが見えます。うん、やっぱり豚魚って久しぶりに見て匂いを嗅ぐとめっちゃくちゃテンション上がる。

 

実食

胡座の特製つけ麺の麺リフト

 

うまい。これこれ、このパンチ力ですよ。頑張らないとと麺がしっかりつけ汁をくぐらないくらい濃厚なスープ。これはもう、がっつりディップせず、半分だけつけるだけで全然オッケー。そうやって食べることでスープも冷めないし、ウィンウィンです。

麺も歯ごたえがありまして、スープに負けていません。

 

胡座の特製つけ麺のチャーシューリフト

 

驚いたのがこのチャーシュー。パサパサで硬い感じかなと思ったのですが、ものっすごい柔らかい。魚の身レベルの柔らかさでして、口の中でほろっと崩れます。どうやって作っているんだ・・・。すごい感動しました。

いつもは後半しんどい豚魚ですが全然気持ちよく最後まで食べきることができました。久しぶりだからというのもあるのでしょうかね。う〜ん、うまかった!

 

胡座の特製つけ麺のスープ割り

 

スープ割りはゆずが効いてまた一気にさっぱりします。ごちそうさまでした!

 

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事