2020.6.11

焦がし玉ねぎとゴマの香ばしさ漂う細つけ麺を食らう【むらさき山/三田】

認定なし
スープの特徴
トロトロあっさり
麺の特徴
低加水麺ストレート麺
麺の太さ
細麺
かえし
醤油
出汁

三田駅。実は結構好きな駅です。東京タワーがちょうど良い位置に見え、慶應生のソウルを感じる細道の飲屋街がある感じ。それでいて山手線と地下鉄の乗り換えも可能。

しかしながら三田でつけ麺を食べるのは初めて。武蔵があるので行こうかな、と思っていたのですが、なんとなく路線を変更し、「むらさき山」というラーメン屋にいってみることにしました。

 

むらさき山の外観

 

先述の飲屋街の路地をちょっと入った先にあり、飲んだ後でここでみんなしめるんだろうな〜という様式美をグイグイ感じられる作りとなっています。

 

むらさき山の卓上

 

店先は年季の入った感じですが、中は掃除も行き届いているようで、卓上も綺麗。調味料は胡椒と一味と柚子胡椒。

 

むらさき山の紫つけ麺

紫(ゆかり)つけ麺 1,050円

 

注文が通ってから提供までがかなり早かったので、あれ?って思っていたら、予想外にも細麺でした。何系の店なのかも知らずに入店し、なんも知らずに注文していました。いや〜、細麺のつけ麺は久しぶりだなぁ。楽しみです。

 

むらさき山の紫つけ麺のつけ汁

 

つけ汁はこんな感じでかなり複雑です。まず、器がそこらのつけ麺と比べてかなり小さい。これは多分、細麺だからスープも必要以上にいらないということなのでしょう。豚骨の香りに加え、ネギやいりごま(かな)、そして焦がし玉ねぎの香ばしい香りがたまりません。そして付け込まれたチャーシューは俺が一番好きなタイプのチャーシューかもしれない。

 

むらさき山の紫つけ麺の麺皿

 

麺はかなり加水率の低そうなストレートの細麺です。九州ラーメンや和歌山ラーメンのような麺ですね。しかしこれくらい細くて低加水のストレートつけ麺といえば、唐そばを思い出します。

 

実食

むらさき山の紫つけ麺の麺リフト

 

これは久しぶりの味!

さっぱりしているのですが、しっかりパンチのあるつけ汁がたまりませんね。店内には丁寧に魚介出汁を抽出していると書かれていたのですが、たしかに豚骨の裏でカツオの味わいをしっかり感じられます。

ほんで麺の歯ごたえがまた良いです。長浜ラーメンの感じで言うところの「バリカタ」くらいの硬さ。低加水なので口の中でプツンと切れます。この食感は確かに楽しい。

 

むらさき山の紫つけ麺のチャーシューリフト

 

でも一番テンション上がったのが、このチャーシューがうまかったところでしょうか。チャーシューの製法とか全然詳しくないんですが、この手のチャーシューもっと流行ってくれ。食べに行くから。

ということで、そこそこお腹にもたまり、最後まで美味しく食べることができました。ごちそうさまです!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事