2020.3.12

安定感抜群の豚魚を提供する清澄白河の宮本とかいうお店【麺屋宮本/清澄白河】

ウマつけ認定店
味の濃さ
ドロドロ
麺の種類
多加水麺
麺の太さ
中太-中細
スープ
醤油
出汁

今回は清澄白河。久しぶりの江東区です。

清澄白河駅は、大江戸線と半蔵門線が通っていますが、この麺屋宮本は駅出口から徒歩2秒ほどという超好立地です。

 

 

ここら辺はやはり都心からはやや離れているからか、結構煙草に対してもゆるく、出口付近に灰皿が置かれています。入ってみるとかなり店内は広く、テーブル席もあるためひとり客だけでなく家族で来られているような人もいるみたいです。

 

 

卓上トッピングは辛味噌、胡椒など。ヘアゴムも置かれています。

店員は2名。おそらく店主と、かなりファンキーな髪型をしているのにめちゃくちゃ丁寧な接客をしてくれるお兄さん。いい感じで絶妙な組み合わせです。

 

つけ麺 特製のせ 1180円(たしか)

 

麺皿、なかなか豪快な見た目です。これは腹減ってるときに見たら発狂しそう。

 

 

まず麺皿から見ていきましょう。麺自体はストレートの中太麺。トッピングは味玉、海苔、刻み海苔、そして何枚乗ってるのかわからないほどざっくりとした置き方のチャーシュー。薄切りから炙りまで、3種類ある様子。これ、見た目の置き方に反してすげえうまそうなんです。

 

 

スープはドロ系かな。匂いは完全に豚魚です。久しぶりにここまでがっつりとした豚魚を食べるので、なかなか楽しみです。

 

実食

 

一口目から塩気が脳にガツンと決まります。うまい。いわゆるまたおま系ではありますが、出汁の濃さ、味の濃さもちょうどよいです。店員の接客もなかなかいい感じ。これはアベレージヒッターって感じですね。家付近にあったら週2で通いたくなる味です。

 

 

そしてチャーシューが豪華や豪華。低温調理で薄くスライスしたチャーシューはしっかり噛み切れて美味しいし、こちらの鳥チャーシューもいい感じ。特別しっとりしていたりすることはないのですが、淡白な味が豚魚のつけ汁に絶妙にマッチします。そして炙りの方もガツンとうまい。

 

麺もよくみる豚魚に比べて抑えめですので、終盤も全然苦になりませんでした。

 

 

スープ割りは、こちらの徳利でいただきました。なかなか乙です。

全体的に非常に安心感があります。ここは清澄白河では間違いなくハズれないお店!

 

関連記事