2020.4.12

御茶ノ水で塩気の効いた鶏白湯をガツンといきたいならここ!【鶏ラーメンTOKU/御茶ノ水】

ウマつけ認定店
スープの特徴
トロトロ
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

小川町の路地にぽつんと佇むお店、鶏ラーメンTOKU。鶏がしっかり効いた知る人ぞ知る、美味しい麺料理を提供するお店として評価の高いお店です。

 

 

入るとかなり長細い作りになっていまして、手前側にテーブル席、奥にカウンターと調理場があります。カウンターも調理場に向いてるわけではなく、壁側についていて、いわゆるラーメン屋では珍しい感じ。

時刻は16時半。通しで営業しているのがありがたい。15時から18時、いわゆるデッドゾーンと言われていますが、我々つけめにすとはこの時間でよくつけ麺難民になってしまうのです。だからこの時間もやっているお店はそれだけで重宝されるのです。

 

 

入店すると、客は俺一人。店側も店主が一人。この静かな空間で、店主がつけ麺を作る音を聴きながらあたりを物色する、この時間がいいですね。卓上は非常に清潔にされています。調味料もシンプル。

 

 

LINEの友達登録でサービスがあったり、PayPayを導入していたりと、なかなか頭の柔らかいお店です。

 

鶏塩つけ麺 味玉入り 900円

 

うお〜!これは絶対うまいやつ!

 

 

つけ汁はややとろみのある鶏白湯。非常に香り高いです。細かく切ったネギがまたいい塩梅に匂いにアクセントを加えています。

 

 

麺皿のこの盛り付けはもはや高級洋飯屋のそれですね。シンプルでありながら、絶妙なバランスでトッピングが乗っています。味玉、鶏チャーシューほ、そしてレモン。緑色の物体はほうれん草かと思いましたが、小松菜っぽいですね。全体的に淡い配色、なんだろう、どか食いしたい!!みたいな欲求が出てきます。俺だけでしょうか?

 

実食

 

早速一口食べてみます。

 

 

今までの鶏白湯の中でも、かなり塩気が強い部類です!かなりしょっぱめなので、一口めのインパクトがバゴーンときます。しかし塩気に負けることなく鶏の味がドカンと一緒に来ます。うわ〜、これはマジで疲れてる時きたらすごい気分良さそう。

鶏ガラって基本的に優しさに溢れる味なので、これくらい塩気が強くても全然食べることができちゃうんですよね。

 

 

麺の量もこれだったら余裕で大盛りいけちゃいそうです。デフォルトで柚子皮がスープに入っていたのですが、この味もまたやっぱりたまりませんね・・・。

後半はレモンをかけて食べると、ものすごいさっぱりしてまた美味しい。

 

 

味玉もかんっぺきな仕上がりです。これはすごいいい店だなぁ。自信を持ってお勧めできる、美味しいつけ麺でした!

 

 

※現在東京では緊急事態宣言および外出自粛要請が出ています。このレポートは自粛要請前に行なっているため、営業時間など異なっている場合があります。

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」管理人。 鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事