2020.10.1

ちょうどいいのでけいすけシリーズをまとめてみる【初代けいすけ/本駒込】

認定なし
初代けいすけ本駒込店の黒味噌つけ麺
スープの特徴
トロトロ
麺の特徴
全粒粉
麺の太さ
中太-中細
かえし
味噌
出汁

前回本郷三丁目のIZASAに寄った帰り、せっかくなので近くにある初代けいすけにも寄ろうと思い立ちまして、20分くらいかけて徒歩で向かうことにしました。最近は(電動)自転車に乗ったり(ウォーキングとは決して言えない)徒歩で向かったりと、運動をするのは良いのですが、その目的が総じてつけ麺を食べるということなんですよね。これってどうなんですかね、良いことなんでしょうか?太りますか?太りませんか?

 

初代けいすけ本駒込店の外観

 

ということで、けいすけに来ました。本駒込駅っていうのは初めて来たんですが、なかなか良い雰囲気の街ですね。そんな中、ここからけいすけグループが広がって行くと考えたらかなり胸熱です。実はこちら初代けいすけはこの場所で2005年にオープンしたのですが、一時「四代目けいすけ」としてリニューアルしていました。初代の看板に代わり復活したのは去年のことです。

四代目はたしかつけ麺専門だったような気がします。くぅ、その時にも行っておけばよかったなぁと今更。

 

初代けいすけ本駒込店の卓上

 

卓上はこんな感じ。九代目の時も思ったんですが、タンブラーで水を出されるだけで嬉しかったりします。卓上調味料のほか、企業努力の賜物であるアンケートなども。

 

初代けいすけ本駒込店の黒味噌つけ麺

黒味噌つけ麺 850円

 

久々の、味噌つけ麺です。いつぶりかなと思い調べて見たら2月に池袋の花田で食べたぶりの模様。実に半年ぶりです。

 

初代けいすけ本駒込店の黒味噌つけ麺のつけ汁

 

花田を出しましたが、スタイルは全く違います。つけ汁は非常にシンプル。黒味噌って何入っているのか全然わかりませんが、匂いは非常に良い感じです。なんというか空腹を増長させるような、食欲を誘うような、日本人なら大半の人が好きな香りです。

 

初代けいすけ本駒込店の黒味噌つけ麺の麺皿

 

麺皿も真っ赤。かなり大きな器に豪快に盛り付けられた麺。手前にはチャーシュー、ネギや糸唐辛子、そしてめんまとレモンが乗っています。チャーシューがまた美味しそうですねぇ。辛味と味噌の相性は抜群ですからね、糸唐辛子なんかもしっかりと味わいたいところです。

 

実食

初代けいすけ本駒込店の黒味噌つけ麺の麺リフト

 

しみます。味噌の味がしっかり麺に絡んで、非常に美味しいです。先ほども申したように、チェーンつけメニング(つけ麺店を2店舗以上続けて行くこと)だったんですが、全然飽きないし最後まで美味しく食べられます。

スモーキーというのか、どう表現したら良いのかわかりませんが、大人なビターな味なんですよね、黒味噌。塩分もそこまで感じることもなく、さらに途中でレモンを麺に絞ることでさっぱり爽やかに味変もでき、なかなか完成度の高いつけ麺でした。

 

最後になりましたが、ちょうど良いので今まで行ったけいすけグループをまとめてみましょう。

初代けいすけ・・・鶏出汁の黒味噌つけ麺。

九代目けいすけ・・・鴨出汁×鰹出汁のつけ麺。

肉そばけいすけ・・・がっつり系豚骨魚介つけ麺。

 

多分このまとめはけいすけグループに行くたびに載せると思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事