2020.9.27

とろっとろのおしゃれな鶏白湯つけ麺!!【IZASA/本郷三丁目】

ウマつけ認定店
izasaの特製つけ麺
スープの特徴
トロトロ
麺の特徴
ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
出汁

文京区白山という場所に用事がありまして、その際少し時間が開いたため、この付近のつけ麺屋をと探し回ること25分ほど。本郷三丁目になかなかオシャレなお店を見つけてしまいました。

 

izasaの外観

 

IZASA(イザサ)と読むのでしょうか。どんな意味なのかはわかりませんがなかなかオシャレなネーミングセンスです。本郷三丁目はヌードルサウンズぶり。あの時の衝撃は半端じゃなかったのですが、IZASAも看板を見るに色合いだけ見ると結構似てるんですよね。でも多分こちらは鶏白湯系かな〜と思いながら入店。

 

izasaの内装

 

そう、この日は手提げ鞄にこの間買ったちびまる子ちゃんと300COINSのコラボ商品を採用しています。Tシャツはもちろんファミ通Tシャツ。なんだこの組み合わせは。コの字型のカウンター席のみ。卓上には胡椒とお酢とラー油がありました。ちょっと雨が降っている日、しかも時間も曖昧な時間だったのですが、お客さんもかなりいらっしゃる模様。なるほどなかなかの人気です。

 

izasaの特製つけ麺

特製つけ麺 1,050円

 

めっちゃくちゃ美味しそう。

 

izasaの特製つけ麺のつけ汁

 

これはポタージュ系っていうやつでしょうか。濃厚鶏白湯ですが、ドロドロ、トロトロ感ともにがっつりあります。ネギが散っているほか、この緑色のものはアオサや青のりではなくおそらくバジルかなと思いきや、大葉オイルとのこと。なんだそれは。洋風な感じのする見た目にドキドキが止まりません。

 

izasaの特製つけ麺の麺皿

 

麺皿も非常に丁寧に盛り付けられています。

ストレートの中太麺の下に海苔が敷かれていまして、上手前にはネギ、味玉(色がめっちゃ綺麗)、チャーシューが乗っています。中心部には水菜が敷かれていて、その上にはもはやこれはめんまではなくたけのこと言っていいような物体がスパーンとキマっています。こういう非常に綺麗な盛り付けのお店って、本当にワクワクが止まりませんよね。

 

実食

ウマつけ認定

 

うまE。

 

izasaの特製つけ麺のリフトアップ

 

ものすごくしっかりしたまろやかな魚介鶏白湯って感じです。重戦車というのか、隙がなく全方位を優しく包む、鶏白湯の一番良い感じの厚みが出ています。スープ自体が非常に優しいため、塩分はやや強めでも気になりません。

最初の一口で大葉の味わいをしっかり感じることができました。これはすごいわ。全然バッティングしない。また麺リフトをみるとわかると思うんですが、スープがしっかりと麺に絡むので、麺もかなりコシの強い麺でしたが、絶妙にちょうど良い感じなんですよね。

 

izasaの特製つけ麺の麺皿のアップ

 

そしてこの味玉とチャーシュー!抜群すぎだろ。めっちゃうまかったです。濃い味のチャーシューと味玉がとろみのある鶏白湯によって包まれた時、つけ麺の真価と、与えられた使命がわかるのです・・・。うそです、使命はわかりません・・・。

いやはや、本郷三丁目のお店はどこも美味しいなぁ!ごちそうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事