2020.4.26

オーダー後に麺を延ばし、切り、茹でるこだわりの自家製麺を食べてきたぞ!【麺や七彩/八丁堀】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロあっさり
麺の特徴
多加水麺自家製麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

八丁堀と日本橋、茅場町と宝町をそれぞれ線で結んだときに浮かび上がる、バツ印のほぼど真ん中にある人気店、七彩。

 

麺や七彩の外観

 

特製ラーメンは一杯1600円。なかなか強気の値段なのに、客足が耐えない人気店なのです。

このお店は自家製麺なのですが、なんでも注文があったあとに延ばして切って茹でるという、なかなか聞かない調理方法なんだそう。そんなこと言われたら行って実際見てみない限りは興味が尽きない。

 

 

人気店ということもあり、昼時にいったら行列は必至なので、開店直後に向かいました。それでもぎりぎり待ち無しで着席できたっていう感じでした。卓上は非常におしゃれ。そして、席順もよく目の前で麺の下ごしらえを見ることができました。

 

麺や七彩の店内

 

すごい手付きだ…!

 

つけ麺はデフォルトで1,100円。なかなか強気ですが、特製ラーメンがあって特製つけ麺がないのは少し悔しかったので、チャーシューと味玉も買って勝手に特製を作っていただくことに。

そして待つこと25分。やはり注文してから作り始めるから、めちゃくちゃ時間がかかります。でも麺を調理しているのがしっかり見えるのでイライラとかは全然せず、この時間がものすごく贅沢に感じるのです。これはすごい。そしてその間にどんどんと並んでいくお客さんたち。この回転率でこの行列はヤバい。15人くらい待ち客がいましたが、これ最後尾の人は早くとも1時間は待つんじゃないか。

そして順番に提供されて、やっと俺のもとに!

 

麺や七彩のつけ麺

つけ麺 1,100円 味玉 150円 チャーシュー 370円

 

1,620円です。一杯にこれくらいの金額を出すのも珍しい。日本橋価格。にしても、すごいシンプル。

 

麺や七彩のつけ麺のつけ汁

 

つけ汁は、煮干しと醤油の濃い香り。非常に芳ばしいです。いりこのザラ感が見てとれます。

 

麺や七彩のつけ麺の麺皿

 

そして麺皿。麺を除けば味玉が乗ってるだけ。にしても、麺のライブ感がすごいです。思い込みかもしれませんが、伸ばしたて、切りたて、茹でたてなのが見て分かる気がする。

 

麺や七彩のつけ麺のチャーシュー皿

 

そしてチャーシューは2種8枚が別皿に守られての登場です。いい感じの焦げ具合!たまりません。

 

実食

麺や七彩のつけ麺、ウマつけ認定

 

うん、やっぱり麺うまい!

 

麺や七彩のつけ麺の麺リフト

 

つけ汁は予想通り煮干しがものすごい強いです。そしてかなりしょっぱめ。でもあっさりしてるので、塩気が麺にへばりつかずに、口の中ですぐに消えまして、小麦の味が広がります。あ~、これは良い店の味だ〜。

 

麺や七彩のつけ麺のチャーシューリフト

 

しかしながらチャーシューはいい店で出るような感じではないんですよね。冷えた油のぬめりみたいなのを結構感じました。これはスープが熱いうちにぶち込んで食べたほうがいいかもしれないです。

にしても、麺が本当にうまいなぁ。もちもち、ぷりぷりです。ちょっと贅沢なつけ麺でした。

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事