2021.4.21

盛り盛りすぎてビジュアルがすごい・・・がんこの血を継ぐ麺屋さん【らーめん屋 盛/住吉】

ウマつけ認定店
盛のスペシャルつけ麺の写真
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
多加水麺縮れ麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

どうも、せきどです!

今宵ご紹介するのは、住吉駅から「徒歩で10分圏内、ダッシュで行くのは諦めよう」というくらいの距離にある麺屋、らーめん屋 盛さんをご紹介します。

 

盛の外観写真

 

こちらのお店、今はもう看板を変えているのですが、元祖一条流がんこ直系11代目から独立した、あのがんこラーメンの後継店なんです。俺自身がんこラーメンを食べたことがないのですが、それでも知ってるくらいの超人気店ですよね。総本店はいまも四谷で営業していますので、気になる方は行ってみてはいかがでしょうか。

 

盛のメニュー写真

 

入ると常連さんが3名。良い雰囲気でお酒を飲みながらおつまみを嗜んでいました。店員さんはおそらく店主さんと思われる方を入れて2人。タバコを吸っているため、どうやら喫煙が可能な模様でした。終始和やかな雰囲気で、ゆったりと時間が流れている感じ。いいなぁ。

早速メニューを開いてつけめんの欄を見てみると、通常並で850円のつけめんが、「スペシャル」だと1,400円! 550円のジャンプです。どんなスペシャルが登場してくるのかとハアハアしながら待ちます。

 

盛のスペシャルつけ麺の写真

スペシャルつけ麺 1,400円

 

予想以上のスペシャルさ・・・。

 

盛のスペシャルつけ麺のつけ汁のは芯

 

まずつけ汁。醤油スープは甘酸系で予想の上をいく上品さです。そして具がすごい。野菜やチャーシューなどがゴロゴロ入っているというか、もうこれだけで少食な人は満足してしまうレベルに入っています。

その上からこれでもかと振りかけられているゴマ。これが香ばしさを出して美味しいです。出汁はちょっと詳しくわからないような感じでしたが、がんこの後継ということであれば、牛骨と魚介でしょうか。魚介の味はしっかり感じられました。

 

盛のスペシャルつけ麺の麺皿の写真

 

麺皿は圧巻。中細ちぢれ麺なのですが、もう見えない。見えない以上に器をどかどかとはみ出して乗せられている特製トッピングがもうすごい。大判チャーシューが3枚、大きめの海苔がいっぱい。真ん中に置かれているのは最初は梅干しかと見間違えるほどの濃いめに色付けられている味玉です。

 

盛のスペシャルつけ麺の味玉アップの写真

 

数日煮込んだおでんでもなかなか見られない色合いの味玉です。濃口醤油とかに数日つけるとこれくらいの色合いになるんだろうか・・・。

 

盛のスペシャルつけ麺の麺リフト写真

 

早速スープに浸けて食べてみると、これがかなり濃い味なんです。がんこ系はスープの塩気が濃いことで有名なのだそうですが、そのDNAがしっかり受け継がれている感じがします。その上しっかり締めているためか、麺の食感、歯応えもめちゃくちゃ良いです。食感の良い麺の旨味とスープ自体の甘酸っぱさが程よくマッチして、食べている分にはその塩気が全然気になりません。

ですが、満腹中枢にはめちゃくちゃ影響します。大判チャーシューも、これだけ大きかったらもう少し薄いのがデフォだと思うのですが、1枚1枚のボリュームが半端じゃない。海苔もこれだけ大量にあるとすごいです。本当に海苔1枚に食べ応えを感じてきます。

 

なんとか最後まで美味しくいただけたのですが、もうめちゃくちゃお腹いっぱい。大満足の一杯でした!ごちそうさまです!気になる方は是非!

 

らーめん屋 盛

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※当サイトの趣旨と異なるコメントは非公開とさせていただきます。ご了承ください。

周辺エリアのつけ麺情報