2021.10.10

【出張】前から行きたかった避暑地の美味しいつけ麺が予想通りウマすぎる【湖面屋 リールカフェ/山梨・山中湖村】

緊急激ウマ指定店
湖麺屋リールカフェの特製つけ麺の写真
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

どうも、せきどです!

今回は以前から行ってみたかった山中湖湖畔にある麺屋「湖麺屋 リールカフェ(Reel Cafe)」に初めて行ってきたのでご紹介いたします!久しぶりの出張記事。

避暑地として有名な山中湖。以前からよく訪れていまして、ずっと機会を狙っていたのです。

 

湖麺屋リールカフェの入り口の写真

 

場所は山中湖テディベアワールドミュージアム内という、なんとも俺が訪れなさそうなスポット。リールカフェは敷地内ですがミュージアムの建物の中ではないため入場料などはなく入店することができます。

 

湖麺屋リールカフェの外観写真

 

外観はこんな感じ。外には行列ではなく、四方八方に待ち客がずらりといる感じ。入り口手前の紙に人数と代表の名前を記入して、店員さんの声が届く範囲で待機するというシステムになっていました。幸い囲うようにベンチがあったり駐車場も近かったりトイレもあったりと、比較的ゆったりと待てる場所となっています。

お昼過ぎに行きまして、早速紙に記入。待ち客をみるとなんと15組!そのほとんどが家族連れ・友達連れ・カップルなので、人数で言うと40-50人待ちという感じ。名前を呼ばれたのはなんと1時間強経ってから。まさかこれほど待つとは、それほど人気だったとは思いませんでした・・・。

 

湖麺屋リールカフェの卓上写真

 

店内はガラス張りになっているため日の光が当たりものすごく明るく清潔感あふれる感じ。一人さま用のカウンター席の他、大きなテーブル席もあり。感染症対策はバッチリで、仕切りや消毒用アルコールのほか、代表者の電話番号の記入や検温機など、できうる限り万全に対策されている模様でした。

入り口付近の食券を購入し、店員さんに案内されて席に座ります。

 

湖麺屋リールカフェの特製つけ麺の写真

つけめん 950円 特製トッピング 300円

 

湖麺屋リールカフェの特製つけ麺のつけ汁の写真

 

つけ汁は甲州地どりで出汁を取ったスープに鶏油を浮かべた清湯醤油。綺麗に澄んでいます。

 

湖麺屋リールカフェの特製つけ麺の麺皿の写真

 

中太のややウェーブがかった麺。冷たい魚介出汁が敷かれていて、これまた香り高くてたまりません。

 

湖麺屋リールカフェの特製つけ麺の特性トッピング皿の写真

 

そしてこちらが特製用のトッピング皿。ここまで綺麗に盛り付けられたトッピング皿は都内でもなかなか見られません。非常に薄くスライスされたローストチャーシューとスモークチャーシューが2枚ずつ、めんま、味玉、スプラウトに青ネギ。海苔の上には焦がしネギが乗っています。

2つの小皿は柚子胡椒とビネガーの味変アイテムでした。

 

湖麺屋リールカフェの特製つけ麺の麺リフト写真

 

一口食べると予想通りの上品な味わい、そして予想以上にしっかりした味わいなのです。麺はこの手の鶏清湯系ではちょっと太めなのですが、スープの鶏油をしっかり纏ってしっかり味が乗るのです。これめっちゃ美味いな〜!

 

トッピング皿も全てが丁寧に作られていて、特にチャーシューは2種類とも絶品レベル・・・。野菜も質がよくてシャキシャキしていてたまりません。

全く飽きも来ないのですが、せっかくなので味変アイテムの柚子胡椒やビネガーを使い食べまして(これも美味い)、後半は焦がしネギを入れると風味が一気に変わってこれも美味しいんです・・・。最後は魚介出汁をスープに加えてスープ割り。最後の最後まで美味しくいただきました!

 

ごちそうさまです!

もう残暑も終わって久しいですが、観光に来られた際は立ち寄ってみて欲しいな〜!気になる方は是非!

 

湖面屋 リールカフェ

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※当サイトの趣旨と異なるコメントは非公開とさせていただきます。ご了承ください。

周辺エリアのつけ麺情報