2020.5.2

牛骨出汁の奥深さを追求しに、再びやってきました【マタドール/北千住】

ウマつけ認定店
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
全粒粉多加水麺ストレート麺
麺の太さ
細麺
かえし
醤油
出汁

北千住にある、牛骨出汁専門のラーメン店、マタドール。こちらにくるのは2度目です。前回はつけ麺ではなく、ラーメンを食べに。

 

マタドールの外観

 

外観からなかなかおしゃれなお店で、落ち着いた雰囲気です。入ると店員さんは1人。水はセルフ。食券を買うと席に案内されます。店内もなかなかシックな感じで、お酒を飲んでも良さそうな雰囲気です。

 

マタドールのラーメン

 

前回食べたのはこちらの牛骨塩ラーメン。綺麗に透き通ったスープですが、牛の味が非常にしっかり出ていました。そして優しい塩の味わい。めちゃくちゃ美味しかったです。牛骨出汁を使ったラーメンは大陸の方ではかなりありますが、日本は逆にかなり少ないですよね。結構おいしいのですが、やはり仕入れや仕込みの面で選ばない人が多いのでしょうか。

つけ麺だと、INGS系の「中華そば 流川」以来の牛骨出汁。流川は牛骨と貝出汁を合わせていましたが、マタドールでは牛骨と魚介の合わせ出汁、とのこと。

 

マタドールの卓上

 

卓上はこんな感じ。座る前にすでに橋と箸置きを置いて待ってくれています。改めて見るとおしゃれですね〜。卓上調味料は一切ありません。これは味に自信を持っている証拠。

 

マタドールの贅沢焼牛つけ麺

贅沢焼牛つけ麺 1,050円

 

おしゃれ。どうですか、このおしゃれ具合。黒いテーブルに白い器が映えます。

 

マタドールの贅沢焼牛つけ麺のつけ汁

 

つけ汁はこんな感じ。透明感のある醤油ダレのスープに、唐辛子とネギが散らされています。非常に綺麗です。匂いはほんのり、牛の香り。これは丁寧の極み。すごいうまそうです。

 

マタドールの贅沢焼牛つけ麺の麺皿

 

麺は全粒粉が使用された細麺。というか麺皿からしてすごいおしゃれですよね。これインスタに投稿したら、フォロワーの方から「芸術ですね」とコメントをいただいたほど。確かに。

付け合わせは味玉、よくわからない草、海苔、そしてローストビーフが乗っています。俺、ローストビーフめちゃくちゃ好きなんです。これだけでポイント高い。

 

実食

マタドールの贅沢焼牛つけ麺の麺リフト

 

うまい。ラーメン同様、スープの味が非常に優しいです。牛骨出汁ってやっぱり優しいのな・・・。牛って素人が出汁をとったら絶対に臭みがでるんですが、やはりプロ、臭みというマイナスなイメージは全く感じません。魚介で消してるのか、香味野菜で消してるのか。いずれにせよ非常に丁寧に作られていることがわかります。

 

マタドールの贅沢焼牛つけ麺のローストビーフ

 

ローストビーフも仕込みバッチリです。個人的にはもう少し薄めの方が好きですが、チャーシューの代わりとなるとこれくらい厚くかみごたえがあった方が良いのかも。

そしてよくわからない草、これは香草の模様。ハーブみたいな感じで、もしゃっと食べた瞬間に爽やかな香りが広がり口の中が完全にリセットされます。これは間に挟むと常に新鮮な味でつけ麺を食べられるという画期的な草です。

 

マタドールの贅沢焼牛つけ麺の割りスープ

 

締めにスープ割りを頼むと、出汁入りのマグカップをくれます。マタドールのシステム、これが面白くてですね。つけ汁をこの出汁に入れながらスープを飲むんですね。出汁のおかわりもオーケー。これも非常に美味しい。

ちょっと見つけづらいところにあるため、夜営業はお客さんも多くなく、並ばずに入店できます。牛骨出汁を味わいたい方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事