2020.1.16

牛骨×貝出汁のつけ麺の味は如何に・・・【中華そば流川/新宿】

緊急激ウマ指定店
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
全粒粉
麺の太さ
中太-中細平打ち
かえし
出汁

俺の麺 春道というラーメン屋の跡地に、流川という新しい麺屋ができていました。

 

 

奥には新小岩からやってきた一燈もあり、どっちにしようか悩んでいたのですが、とりあえずはこっちの流川にお邪魔しました。やはり新宿ですから、店が狭い。でも、それも一興です。

なぜ今回流川を選んだかというと、これは最近知ったのですが、僕の大好きなつけ麺を提供するはやし田や鈴蘭は、株式会社INGSという母体が経営しているんです。そしてここ流川も株式会社INGSより出し店。もう、そうなったら一気に興味が湧いてしまうではありませんか。

 

 

入ってみるとこのカウンター。やっぱりかなり狭い。狭いので奥に詰めた方が良いと思い、知らない人の隣に座ったのですが、座ってから後悔しました。なんだこいつという目でみられました。確かに、他にも席が空いているんだからわざわざ知らない人の隣に座らんでもとは思います。すんません・・・。

気をとりなおしまして、カウンターはこんな感じ。やはり卓上調味料などはありませんね。しかしながら結構かっこいい注意書きがありまして、それを読むにここのお店はなんと牛骨と数種類の貝を使用した出汁なのだそう。恥ずかしながらこの組み合わせは初です。どんな味がするんだろうか、ワクワク。

 

特製つけ麺 1,050円

 

ここ流川は、つけ麺は「塩」しかないとのこと。醤油大好きな僕ですが、仕方ない。

 

 

香り高きとはまさにこのこと。スープは清湯。大変きれいに透き通っています。そしてネギの千切りがきれいですな。中にはコロチャーがちょっと見えます。

でもあれですな、この見た目、めちゃくちゃきれいじゃないですか? 千切りネギと透明なつけ汁の相性、めちゃくちゃいいなー。

 

 

そして麺皿、豚肩ロースの低温調理チャーシュー、味玉から伸びる穂先メンマが回った上にカイワレが乗っております。低温調理系チャーシューはちょっと太めに切られてるとマジで噛み切るのがしんどいのですが、こちらは非常に薄く丁寧に切られています。麺はどんな感じなのかとみてみると、

 

 

なにね、すごいいい香りがしやがる!! なんだってんだこれは・・・。数種類の小麦をブレンドさせて作った麺ということなのだそうですが、非常に香ばしい香りが漂います。

 

実食

 

激ウマです。久しぶりの激ウマ。

 

 

もうね、牛骨と貝出汁ってこんだけ上品に仕上がるもんなのかと。この組み合わせ、ちょっとおしゃれなお店の韓国系の鍋の出汁なんかに使われるイメージがありましたが、こんな奥深い味ではなかったはず。

塩気も少なく、初手のインパクトはむしろ麺にあります。麺の香りがグッと鼻を抜けます。そのあとでしっかり汁の味を感じることができるんです。これは健康になるわ。臓器が喜んでいるわい。

 

 

そしてチャーシューもうまい。他店と比べて柔らかいとかではないんですが、このスープにつけて食べるとめちゃくちゃうまい。あっという間の完食で、隣の知らない人より早く食べ終わってしまいました。

そして肝心のスープ割りがたまらないくらいうまい。一気に貝が強くなります。あさりのスープで締めるって感じでして、まさにつけ麺の醍醐味である「割」を楽しむことができました。

 

いやー、めちゃくちゃいい店じゃんか・・・。

 

関連記事