2020.6.21

俺がずっと探し求めていたつけ麺をとうとう見つけた【中華そば 一颯/新小岩】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ザラザラ
麺の特徴
多加水麺縮れ麺
麺の太さ
細麺
かえし
醤油
出汁

東京は新小岩。

 

新小岩駅北口には非常に有名なつけ麺店がありますが、南口にも人気店があるんですよね。

 

一颯の外観

 

一颯。なんて読むんだろう。「颯太(そうた)」っていう同級生がいたから「いっそう」かなと思ったら、「いぶき」と読むそうです。おしゃれだな、全くけしからん。

早速入店すると、店員さんは女性1名、男性2名。全員寡黙な感じでして、ちょっと緊張感があるのですが慣れてくるとこれくらいがちょうどいいのかもしれない。

 

一颯の卓上

 

卓上はこんな感じ。「辛味」と書かれたのは一味ではなく醤の一種だと思います。

うん、すごく綺麗なカウンターです。

 

一颯のつけそば

つけそば 小 700円 煮卵 100円 チャーシュー 200円

 

ふ〜ん、なかなかの煮干しの香りじゃん(ドキドキ)。

 

一颯のつけそばのつけ汁

 

小、だからか、スープは割と少なめ。かなりシンプルな見た目ですが、煮干しの香りがなかなか力強く感じられます。

 

一颯のつけそばの麺皿

 

麺は多加水の細麺。チャーシュー、緑の草、竹の子ども、刻み海苔。

細麺×煮干しっていうのは本当に好きなジャンルなので、遭遇するとテンションめっちゃ上がりますね。

 

一颯のつけそばの麺皿のアップ

 

煮卵とやらは、かなり外殻に色がついていて美味しそうです。

チャーシューも好きなタイプのチャーシュー。これくらいの大きさが個人的には好き。

 

実食

一颯のつけそば、ウマつけ認定

 

うまい・・・。

 

一颯のつけそばの麺リフト

 

煮干し以外の動物系の出汁もしっかり感じられ、非常に奥深い味です。細麺との相性も抜群。

これだったらこのくらいのつけ汁の量でも全然問題ないです。

つーか小じゃなくて中にすればよかった・・・。本当に美味しい。

 

というより、これ俺がずっと前から「こういうつけ麺あったらいいのにな・・・」と思っていたんです。「みんなやってないんだったら俺やろうかな・・・」って思っていたくらいです。

ありました・・・。

 

すっげー美味しい・・・。

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事