2021.5.9

茨城発!自家製麺とコラーゲンたっぷりのスープで食べる人気店のつけ麺【つけそば 中華そば 浜屋/西新井】

ウマつけ認定店
浜屋の特製つけそばの写真
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
ストレート麺自家製麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

どうも、せきどです!

今回紹介するのは、足立区西新井駅近くの麺屋、つけそば 中華そば 浜屋さんです。以前から気になっていたお店の一つでして、本店は茨城県の利根町にあるようです。2号店は千葉県我孫子、そしてこちらの足立区と、現在は合計3店舗での経営となっているようですが、以前は五反田にも支店がありました。

 

浜屋の外観写真

 

西新井はインスパイア系のお店2店をはじめ、気になっていたお店は何店舗かあるのですが、降り立って食べるのは初めて。今回の浜屋は駅から徒歩で5分ほどのところにあります。道中で気になるスーパー銭湯がありまして、感染症が落ち着いたら行ってみようとか思いました。

カウンター席のみ8席ほどでして、お客さん同士の間隔はやや狭め。11時半前の来店ではありましたがすでに外待ち3名。なかなかの人気っぷりですな。老若男女幅広い層の方が食べにきているのも印象的でした。

 

浜屋の卓上写真

 

食券は先に買ってから外で待つスタイルで、店員さんにあらかじめ渡しておりまして、席が空いたらそのまま座る感じ。清潔な感じのテーブルで、調味料もシンプルです。お冷はレモン水、夏暑くなってきた時には最高なんですよね。

 

浜屋の特製つけそばの写真

特製つけ蕎麦 1,050円 味玉ご飯 250円

 

提供時、麺皿の大きさに結構驚きました。写真では分かりづらいかもしれませんが、かなり大きめ。

 

浜屋の特製つけそばのつけ汁の写真

 

スープは動物と魚介のWスープで、2000年序盤に流行ったあのスープを彷彿とさせます。素材に拘っているようで化学調味料には頼っていないとのこと。麺をつけて食べるとバランスがちょうど良く、非常にお淑やかで丁寧なイメージを受けました。粘度がありながらもしつこくなくあっさりとしていまして、非常に心地が良いです。

“特製”にしてはややシンプルな感じもしますが、ロールチャーシュー、味玉ともにスープを纏いとても美味しい上に、そこを救ってみると結構量のあるめんまも沈んでいまして、これがなかなか美味しいのです。

 

浜屋の特製つけそばの麺皿の写真

 

麺は中太ストレート。かんすいや塩は控えめの自家製麺で、毎日店内にて製麺しているとのことです。食感も歯応えも、小麦の香りも楽しめる仕上がりとなっています。

 

浜屋の味玉ご飯の写真

 

そしてこっちは追加で頼んだ「味玉ごはん」。ここにくる前はめちゃくちゃ卵かけご飯が食べたかったのですが、残念ながらメニューにはないため味玉ご飯を注文した次第です。ご飯の上には味玉1個とめんまとネギと海苔。ご飯自体にはさほど味付けがないようでしたので、スープをかけて食べていきます。うん、美味しい。

 

浜屋の特製つけそばの麺リフト写真

 

自家製麺の食べ応えもありながらもさらりと平らげてしまえるほど優しいつけ麺でして、なるほどこれは老若男女幅広い世代から愛されそうだなと思いました。

最後まで美味しくいただくことができました。ごちそうさまです!気になった方は是非足を運んでみてください!

 

当記事は新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令される以前の飲食、撮影を元に作成しております。また、宣言下に訪れた店舗の記事につきましても政府の要請、方針に則った上で作成しております。なお、非常事態宣言の影響で営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

つけそば 中華そば 浜屋

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報