2020.10.3

オイリーなのにあっさりしている豚骨つけ麺【玉 バラそば屋/中野】

ウマつけ認定店
玉バラそば屋のつけ麺の写真
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
ストレート麺自家製麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

今宵は中野でつけ麺を食べます。前回の中野は南口方面へ行き肉煮干し系の「さいころ」を美味しくいただきましたが、今回は反対、北口に向かいます。

にしても、中野駅付近はなかなか美味しそうなつけ麺を提供する店が多いっすね。今度中野で宿泊して腹が減ってはつけ麺を嗜む、つけ麺小旅行みたいなのを敢行しようかしらと思ってしまうくらいです。

 

玉バラそば屋の外観の写真

 

今回はこちらの「玉 バラそば屋」。玉グループにくるのは実は初めてです。

玉は2008年に川崎でオープンして以来ガンガン事業拡大していきまして、今では17店舗にまで成長している大グループになっています。バラそば屋は玉グループのブランドの1つで、現在は中野のほか、阿佐ヶ谷、上板橋、そして今年7月に川崎でオープンしまして、合計4店舗とのこと。

 

玉バラそば屋の卓上の写真

 

入店。通し営業のため、夕方はお客さんもまばら。店員さんは2名いらっしゃいましたが、共に対応がハキハキしていて心地が良いです。卓上はこんな感じ。調味料は右からホワイトペッパー、ブラックペッパー、つまようじを挟んでお酢。左のツボの中身は生姜でした。

 

玉バラそば屋のつけ麺の写真

つけ麺 820円

 

玉バラそば屋のつけ麺のつけ汁の写真

 

スープは豚骨。豚骨白湯と聞いていたのですが、思いの外透き通っています。非常に良い香り。背ガラではなく腹ガラを使用しているため、独特な甘みの残る出汁が出ているのだとか。中には大きめに切ったネギとチャーシューなどが入っています。

 

玉バラそば屋のつけ麺の麺皿の写真

 

麺皿はシンプル。麺はやや細めのストレート麺で、やや濃い色をしています。玉グループでは自家製麺を使用しているとのことですが、おそらくバラそば屋でも同じ麺を使用しているのではないかと思われます。

 

実食

玉バラそば屋のつけ麺の麺リフトの写真

 

味は確かに豚骨で、チャッチャ系のお店で味わうほどの豚感を感じるのですが、確かにあっさりしていて非常に優しい感じがします。細めの麺も非常に相性が良く、めちゃくちゃうまいです。

浅くつけてもしっかり浸しても、美味しくいただける。オイリーな部分が良い感じでマイルドになっている感じが、ちょっと良いお店で食べる肉うどんの舌触りに近いような気もします。そして確かにスープの後に残る甘さが非常に印象的です。

これは初めて食べるタイプのつけ麺だ・・・。

 

玉バラそば屋のつけ麺のつけ汁アップの写真

 

とにかくこのスープが美味しい。老若男女、いろんな方から支持されそうな美味しいスープです。

あっという間に平らげてしまいました。いやはや、美味しかったです。余談ではありますが、この後バッグを電車におき忘れたのでした。

ごちそうさまです!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事