2020.10.23

錦糸町にある昭和レトロのコンセプト麺屋【ヨシベー/錦糸町】

認定なし
ヨシベーラーメンのつけ麺
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
全粒粉多加水麺
麺の太さ
太麺平打ち
かえし
醤油
出汁

ヨシベーというラーメン屋が錦糸町にあります。

 

ヨシベーラーメンの外観の写真

 

南口からダッシュで1分圏内にある錦糸町南口のラーメン地帯の一角にポツンと佇んでいるんですが、「ボロすぎだろ!!」と思わず突っ込んでしまいそうになる外観をしていますが、本当はそんなことないんです。確かに01年創業のため、老舗とは言えるかもしれませんが、どちらかというとボロ屋ではなくボロく見せかけている、というのが近いかもしれません。

俺はある種のコンセプト居酒屋ならぬ、「昭和レトロ」を推しに推したコンセプトラーメン屋という表現が近いんじゃない感と思います。横浜のラーメン博物館みたいな感じですよね。

 

ヨシベーラーメンの卓上の写真

 

入っていくと手前側にテーブル席、奥にカウンター、そしてさらにその奥に厨房があるという作り。店員さんは若くてすらっとしたイケメンでしたが、席を見てもらったらわかるように昭和のグッズがたくさん飾ってあります。

 

ヨシベーラーメンの店内の景色

 

エースコックの人形や大村崑さんのオロナミンCのポスターなど、平成生まれの俺にも義理見かけたことのあるようなものも。

 

ヨシベーラーメンの店内の景色の写真

 

ウルトラマンっぽい何かやトミカっぽいなにかなども大量に飾ってあります。これはおっさんホイホイです。オトナ帝国の逆襲です。廃墟とか好きな自分にとってもこれはなかなかそそるものがあります。

そんなヨシべーで提供されるつけ麺がこちら。

 

ヨシベーラーメンのつけ麺

魚介つけ麺 2玉 850円

 

ヨシベーラーメンのつけ麺のつけ汁

 

つけ汁はザラ系の魚介スープ。いりことカツオの香りが強く、おそらくWスープかと思われるのですが動物系はちょっと奥まったところでスープ全体を支えている印象です。

 

ヨシベーラーメンのつけ麺の麺皿

 

麺は2玉〜4玉まで選べまして、今回は2玉。きしめんタイプの平打ち太麺が長丸の皿に盛られています。トッピングも全て麺皿に乗っておりまして、チャーシュー、海苔、ネギに濃い味付けのめんまという感じです。

 

実食

ヨシベーラーメンのつけ麺の麺リフト

 

モダンな味わいだ・・・。

想像以上に爽やかなあっさりスープ。平打ちだからといいしっかりスープが絡むかと思いきやそんなこともなく、どちらかといえばもちもちした麺の食感が非常に生きています。塩気もそこまで気にならないので、今回は2玉でしたが3玉くらいはいけるんじゃないかなと思うくらい、さらっと食べることができます。

 

ヨシベーラーメンのしっとりとしたチャーシューの写真

 

薄くスライスられたチャーシューも、非常に淡白な味わいで麺とスープの邪魔にはまったくなりません。でも量もこれくらいで十分。めんまは唯一濃い目の味付けになっておりましたが、アクセントになってとても美味しいです。

 

ヨシベーラーメンのつけ麺の割りスープの写真

 

食べ終わり際にスープ割りを提供していただきました。白濁とした香り。鶏か豚か、覚えていませんが動物系のマイルドな味わいがした気がします。なかなか美味しかったです。

何回かラーメンは食べていたのですが、実はヨシベーにつけ麺があると知ったのがつい最近。レビューを見てもつけ麺を食べている人はほとんどいないようです。美味しかったので、昭和風に当たりたい人は是非、行ってみてください!

ごちそうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事