2020.9.16

つけ麺界を牽引する王道つけ麺【六厘舎/東京】

緊急激ウマ指定店
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁

東京駅地下街のラーメンストリートにお店を構える「六厘舎」さんへ!なんだかんだで約2年ぶりの訪問です汗

大崎や上野などにも店を構えており、つけ麺といえば六厘舎さんを連想される方も多いのではないでしょうか。現在のつけ麺時代を築いたつけ麺屋の一つと言っても決して過言ではないと思います。

 

<外観>

六厘舎の外観

ラーメンストリートの一番端なので少し歩きます。店内はサラリーマンが多いですね。

以前は入店に40分ほどかかりましたが、今回は約10分ほどで入店できました。長時間並ばなくていいのはありがたい。。。

店頭ではお土産つけ麺も販売されています。帰りに買って行こうかな。

 

<全体>

六厘舎のつけ麺

@特製つけ麺(¥1,080)

迷わず特製のボタンをポチり。特製にすると味玉と豚ほぐしがトッピングされます。

着席後10分もしないうちに着丼。他のお客様の多くもつけ麺を注文されていますね。ラーメンよりもつけ麺を売りにしているところも六厘舎を好きな理由の一つです。

余談になってしまいますが、つけ麺を食べる時はテーブル席ではなくカウンター席で食べたいという謎のこだわりがあります笑 この日は珍しくテーブル席です。

 

<麺>

六厘舎の麺

麺線が綺麗に整えられた、多加水の極太もちもち麺。つけ麺といえばやはり極太麺に限ります。器に刻まれた六厘舎の文字も貫禄があってシビれます。

麺上には味玉のみ。各種トッピングは全てスープに入ってます。

 

<スープ>

六厘舎のスープ

ドロドロな王道魚介豚骨スープ。魚介豚骨つけ麺は数あれど、六厘舎さんらしさがしっかり感じられます。そして気のせいかもしれませんが、以前訪れた時よりも数段美味しくなっているように感じます!

スープ内には豚ほぐし、なると、ノリ、魚粉、ネギ、メンマ、チャーシューがイン。具沢山。

麺とスープの相性はいうまでもなく抜群。抜群とはこのことか!と確信できます。美味しすぎる…箸を休めることなくあっという間に完食。

スープ割まで美味しくいただきました。

 

<総括>

流石。の一言につきます。正直なぜ2年間も訪問しなかったのか不思議です…また近いうち訪問しようと思います。

年中無休なのに加えて、朝の7:30から開店されているので新幹線に乗る前にささっと朝つけ麺できるのもいいですね!

六厘舎さんのHPTwitterFacebookはこちらから。限定つけ麺も稀に提供されているので要チェック!

ごちそうさまでした。

 

<店舗情報>

●営業時間:7:30~9:45(L.O.9:30)10:00~23:00(L.O.22:30)

●定休日:なし

●座席数:カウンター10席、二人がけテーブル席8卓

●電話番号:03-3286-0166

●駐車場:八重洲地下街に有料の駐車場あり

●住所:

つけりき
つけりき
Instagramでつけ麺ばかり載せているつけりきです。投稿数は500以上。よろしくお願いします。

関連記事