2020.12.24

原宿でもつけ麺が食べられるって知ってました?【Noodle Stand Tokyo/原宿】

認定なし
NoodleStandTokyoのTOKYO肉もり中華の写真
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
かえし
醤油
出汁

こんにちは。都内23区つけ麺食べ歩きマン、せきどです!

今回は原宿で唯一「つけ麺」と検索して出てくるお店、Noodle Stand Tokyoをご紹介します!

初めて食べにいきましたので知りませんでしたが、何やら今年9月に移転されていた模様です。

 

NoodleStandTokyoの外観写真

 

原宿駅から竹下通り方面に歩きまして、竹下通りを通り過ぎさらに歩くこと数分。なんかめちゃくちゃおしゃれなお店がたくさん入った大きな施設の二階にありました。ひょえ〜もう、外観からしておしゃれ。店員さんは若い人たちが3名。バイトさんでしょうか。非常にこなれた感じで業務にあたっております。

 

NoodleStandTokyoの卓上写真

 

卓上はこんな感じ。やっぱり移転オープンしたばかりということもあるのか、非常に綺麗です。おしゃれな上綺麗で清潔感もあるとか最強じゃないですか。箸のケースもまた、おしゃれなんだよなぁ。

 

NoodleStandTokyoのTOKYO肉もり中華の写真

TOKYO 肉もり中華 1,280円

 

おしゃれな佇まいのお店だとつけ麺も結構変わった感じのおしゃれなつけ麺が出るかと思いきや、意外にもめちゃくちゃ硬派なつけ麺を提供しているのですね。名前も「もり中華」。

Noodle Stand Tokyoはどちらかというとメインはラーメンですが、ラーメンも「中華そば」と銘打ちまして、なるとの乗ったクラシックスタイルなものを提供しているみたいです。動物肉を使用していないヴィーガンラーメンもしっかり提供しているところは原宿らしさといった感じですが、全体的には非常にクラシカルなメニューとなっています。

 

NoodleStandTokyoのTOKYO肉もり中華のつけ汁の写真

 

つけ汁はあっさり醤油スープ。豚、鶏、魚介を使用した、オーソドックスというか、昔ながらの香りがいたします。ネギが散っているのみのシンプルなスタイル。

 

NoodleStandTokyoのTOKYO肉もり中華の麺皿写真

 

麺は浅草開化楼の中太平打ちちぢれ麺。なるとと刻み海苔がトッピングされているほか、肉もり中華ということで、厚めでなかなか強力なタイプのチャーシューがガッチリ5枚乗っています。これは結構な破壊力ではなかろうか。

 

実食

NoodleStandTokyoのTOKYO肉もり中華のチャーシューアップ写真

 

なるほど、美味しい。

ホームページに書かれている通り、「今だから食べたい」という言葉が非常にしっくりくるつけ麺です。あっさり醤油に食感の良い麺。何かに突出したわけじゃないけれども、安心して食べられる、非常に安定感のあるバランスの良いつけ麺です。

1点だけ申せば、肉おっもい・・・。久しぶりに言いますが、これはもはやチャーシューの暴力です。とくに脂身のところは攻撃力が高くて、一口食べただけで満足感があります。これは食べられる人じゃないと食べられない代物です。これほど完食に危機感を覚えたのは満来以来じゃなかろうか。しかも今回は完全に油断していました。

 

いつもの倍以上の時間をかけて完食。とんでもない食べ応えでした!

チャーシューなしで食べたいという方は、普通のつけ麺ももちろんあるのでそちらを食べてみてはいかがでしょうか?

ごちそうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報