2020.6.23

このお店は「店主」っていうか「シェフ」だ【無銘/神田】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
平打ち
かえし
醤油
出汁

神田周りを漕ぎチャリしながらチリンチリンとリズムを取り、オアシスのDon’t Look Back In Angerを熱唱していると、不意に謎の暖簾を見かけました。

 

無銘の外観

 

店の名前が一切書かれていません。真ん中に「麺」という文字、そして立て看板で「商い中」とだけ。

調べてみると、店の名前は「」(無銘)。

どんな理由があってそういうことにしたのか、経緯も何もわからないけど、これもう、俺好きなやつじゃん・・・。心の奥底にしまいこんでいた何かをくすぐるやつじゃん・・・。もう入るしかないじゃん〜。

 

無銘の卓上

 

入ると奥に長いやや小さめのカウンター。お客さんは俺の他に1人。接客がとてもやさしく気持ちが良いです。卓上はゴマと刻みニンニクと胡椒。水はセルフでした。

なんかちょっと厨房から非常に美味しい香りがするんですが、中華そばやっぽくはないんですよね、この香り。不思議だな〜なんて思ってると、すぐに提供してくれました。

 

無銘の具沢山つけ麺

つけ麺 並 800円 トッピング「具沢山」200円

 

綺麗な見た目をしていますが、意外なものがたくさんありますので1つずつご報告させていただきましょう!

まず、器と一緒に渡されたこの左上の容器ですが、なんと「トマトソース」とのことです。何が何だか、困ったものです。

 

無銘の具沢山つけ麺のつけ汁

 

スープは魚介だし香ります。動物系の出汁もあれど、匂い的に貝系の出汁も入ってるはず。

刻んだチャーシューと乗り、そして荒く切られた白髪葱がたっぷり入ってます。

 

無銘の具沢山つけ麺の麺皿

 

そしてこちら、麺皿です。キャベツがモリッと乗っています。最近キャベツよく食べるな〜。

で、味玉、チャーシュー、海苔が美味しそうに飾り付けられています。

右の物体、最初は辛ネギかな、と思っていたのですが、なんと驚くべきことにネギのトマトソース和え。おじさん驚いちゃったよ、マジで。ラーメン置いといてもなかなか見ねえよこんなトッピング。

 

もう、どんな味がするのか全く見当もつきませんが、食べてみましょう。

 

実食

無銘の具沢山つけ麺、ウマつけ認定

 

はい、お見それしました。

 

無銘の具沢山つけ麺の麺リフト

 

まずトマト部分はおいておいて、麺をつけて食べてみると、非常に濃厚な魚介出汁のつけ麺です。これは結構ガッツリ系の美味しさで、一口食べた瞬間にガツンと来ます。

これくらいの濃厚さだったら完全に浸さず、ちょこっとディップするだけで良いです。麺の味もスープもしっかり味わえます。だからつけ汁が冷えることもない。

 

そしてトマトソースで和えられているネギを合わせて食べると、もうこれも新しい美味しさ。究極の和洋折衷です。トマトソースと魚介出汁が合わさって、洋風スープをいただいている感じがします。というより、このトマトソースがうますぎる。なんだこれ自家製か。

 

無銘の具沢山つけ麺の麺皿のキャベツにかかったトマトソース

 

ソースが美味しすぎてキャベツとかにもガンガンかけて食べていきます。

後半、濃厚つけ麺でありがちですが満腹中枢がやられて来たのですが、トマトソースかけて食べると全然美味しい。何だこれ。

 

これはもう、「シェフの遊び」「イチローの背中キャッチ」レベルの美味しさです。別に遊んでると言ってるわけではなく、すごい人がすごいことをするのは当然だ、みたいな、すごい人は何をやってもすごい、みたいな意味合いで使ってます。

シェフの遊びって、ことわざっぽくて良くないですか。皆さんも使っていいですよ。

 

至福のひととき、ごちそうさまでした。

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事