2019.9.19

濃厚のえぐみと生臭さ、玄人じゃないと厳しい説【麺魚/錦糸町】

認定なし
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
全粒粉多加水麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

今回は、錦糸町で絶大な人気を誇るつけ麺屋を紹介することにします。

 

麺魚

麺魚本店の外観

 

錦糸町南口から徒歩10分程度、少し歩くな〜といった印象。しかしながら、その人気はもう錦糸町では不動の地位を確立しています。食べログ3.90 ラーメンデータベース97%。驚きの数値です。

鯛だしのラーメン屋さんですが、以前紹介した同じく鯛出汁の灯花のようなあっさりしたものだけではなく、ちょっとエグみの効いたタイプのラーメン/つけ麺も提供します。

 

麺魚本店の卓上

 

今回は、夏に行くということで冷やしを食べようとしたのですが、ちょっと待てと。

麺魚にはなんどか来ていますが、まだ頼んでいないものがあるので、今回はそちらにチャレンジすることにしました。

 

麺魚本店のティッシュケースと注意書き

 

名店あるある、卓上トッピングはなしですが、「薬味が欲しい場合はスタッフまで」というテープが貼ってあります。なるほど、客のわがままも受け入れる度量があると。さすがですな。

 

麺魚本店の特製濃厚真鯛つけ麺

特製濃厚真鯛つけ麺 1,100円

 

そして、とうとう到着しました。

「濃厚」は、いかなるものなのか。

非常に興味があります。

 

麺魚本店の特製濃厚真鯛つけ麺のつけ汁

 

つけ汁がややどろっとしている気がしますが、匂いは普通のものと変わらず。

「麺魚の小松菜は茎だらけ」とよく言われていますが、今回はあたりの葉っぱ部分。

 

麺魚本店の特製濃厚真鯛つけ麺の麺皿

 

特製だからか、低温調理チャーシューの量が半端じゃないです。

この写真だとあんまりわからないかな。

 

麺魚本店の特製濃厚真鯛つけ麺のチャーシューのボリューム

 

どうよ。これ。

しかしながら、「特製」でプラスされるものはおそらく低温調理チャーシューと味玉だけな気がします。これなら、肉が好きでもない方はわざわざ特製にするまでもないかな、と思ったり。

 

実食

麺魚本店の特製濃厚真鯛つけ麺のつけ汁のエグみ

 

ものすごいエグみであります。ガツンとくる濃厚さ。麺魚の普通のつけ麺はかなりさっぱりしていて美味しいのですが、濃厚ってこんなに重いのか〜。

しかしながら、えぐいのはもう濃厚なら仕方がないのです。出汁の抽出の仕方がもうそういうものなのだから。でもこれは玄人好み・・・という言葉でも示しがつかないレベルのエグさかも。

 

一度エグくなるともう、ネギの風味も、麺の味も、低温調理チャーシューまで、全てがエグい。やはり濃厚は諸刃の剣。

 

錦糸町界隈は佐市といい、エグみの強いつけ麺が評価を得ていますが、しかしながらそういう店は人を選ぶな〜。でも、えぐみに対してあまり馴染みがない人の場合、そういうの好きか嫌いかも、実際に行ってみて食べてみないとわからないですもんね。

とりあえず麺魚初心者の方は、とりあえず普通のラーメン/つけ麺から攻めてみるのが良いかと思います!ごちそうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事