2021.1.5

濃厚なのに重くない、優しいつけ麺をいただきました【かみの屋/五反野】

ウマつけ認定店
かみの屋の濃厚つけ麺の写真
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

今回は北千住から埼玉方面に1駅か2駅ほど行った場所にある、五反野という駅にたまたま舞い降りました。非常にのどかな感じの駅前で、朗らかな天気と共にるんるん気分で散歩をしていたところ、つけ麺を提供するお店を見つけてしまいました。

 

かみの屋の外観写真

 

こちらも普通の民家を改良しているのか、なかなか親しみやすさのある佇まいのお店で、中はテーブル席がメインとなっている作りです。昼過ぎに行ったのですが若干外待ち客がいまして、入店できるまで15分ほどかかりました。

 

かみの屋の卓上写真

 

案内されたのは入り口付近にある角のテーブル。感染症対策バッチリの店内は、清潔感、安心感ともにダンチです。券売機はなく、店員さんに着席状態で注文して、退店時に金銭のやりとりをするパターンのお店になります。

本日はほうれん草が切れているということで、代わりに小松菜になりますがよろしいでしょうか?との通達がありましたが、全然オッケー。全部草でしょ、一緒一緒とレビュアーにあるまじき発言を一発かましまして、提供を待ちます。

今日はお腹が減ってたんで丼も頼んじゃいましたよ。へへへ。

 

かみの屋の濃厚つけ麺の写真

濃厚つけ麺 750円 トッピング増し 250円 明太子ご飯 200円

 

まず驚いたのは味玉トッピングが50円なところ。こんなお店なかなかないです。100円、いや、150円のお店もある中50円って・・・。この間80円で「安い!」って記事が上がってるの見たぞ俺。50円ってほんとすごいです。

上ではまとめてますが、トッピング増しの内訳は味玉50円、小松菜50円、チャーシュー150円となっています。

 

かみの屋の濃厚つけ麺のつけ汁写真

 

スープは粘度の高いWスープ。脂の分離感がまたいいですね。動物系の香りが非常に心地よくてたまりません。散ってるものはなく、中央に味玉がどしんと沈んでいます。

 

かみの屋の濃厚つけ麺の麺皿写真

 

麺皿はこんな感じ。しっかり火を通したチャーシューと、増した小松菜、めんま、上に花かつおが乗ってます。真ん中の赤いのは桜エビ。これがまた香ばしさがあっていい感じなのです。

 

実食

かみの屋の濃厚つけ麺のチャーシューアップの写真

 

まずは蓋をしているチャーシューをどかします。むむ、このチャーシュー、かなり柔らかいぞ・・・!!

麺は中太ストレートでした。角の柔らかいタイプですな。

 

かみの屋の濃厚つけ麺の麺リフト写真

 

驚くほど粘度の高いスープ。麺を潜らせると麺の区切り目が見えなくなるほどべっとりとスープに絡みます。ドゥルルっと啜って食べるといや〜、うまい! 濃厚だけど、塩気は濃すぎず、全然重くないのです。むしろ優しい。動物系の優しさのみを取り出したスープって感じ。

明太子ご飯をあいまに食べていたんですが、こっちの方が塩気を感じます。

 

チャーシューも美味しいし、味玉も抜群。これは想像していた以上に美味しいお店です。あっという間に食べ終わりました。ごちそうさまです。

いやはや、美味しかった!アクセスが若干難しい場所ですが、中華そばもめちゃくちゃ美味しいと評判のお店です。気になった方はぜひ!

 

 

かみの屋

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報