2020.9.5

飲みながら食べる人にはたまらないシステム!【麺屋いまむら/半蔵門】

認定なし
麺屋いまむらのつけ麺
スープの特徴
ザラザラドロドロチャッチャ
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

九段下の名店に向かおうと思っていたのですが、まさかの休業中だったため、もう一駅足を伸ばして半蔵門駅にきました。九段下はラーメンは結構あるんですが、まぁつけ麺のお店がないのです。

 

麺屋いまむらの外観

 

ということで今宵はこちら、麺屋いまむら半蔵門店でつけ麺を食べたいと思います。

 

麺屋いまむらの卓上

 

お客さんは4名ほど。卓上はこんな感じ。店員さんの元気で愛想の良い感じが非常に好感が持てます。

久しぶりに夜つけ麺だったので、グレープフルーツサワーをいただきました。ここ、麺屋いまむら、酒飲みにはなかなかグッドなシステムがあったのです。それはこちら。

 

麺屋いまむらの注意書き

 

チケットを適当に買っていれば適当なタイミングで使えるというもの。1000円分飲もうかな〜と思ったら100円券がおまけで付いてくるありがたいシステム。しかも当日使い切らなくても、次回以降持って来れば使えるのです。正直、めちゃくちゃお得と言えるか、食券制じゃなくてもいいんじゃないかなどの疑問はありますが、なんか知らないけどちょっと嬉しいシステムなのです。

そういえば他のお客さんもみんな酒飲んでる。いいですな、なんか。

 

麺屋いまむらのつけ麺

魚介つけ麺 900円 ちょい盛り特製トッピング 200円

 

麺屋いまむらのつけ麺のつけ汁

 

つけ汁は濁り、とろみ、ドロみ、そして背脂がそれぞれ混ざった動物と魚介のWスープ。匂い的にはちょっと魚介が優っているような感じがしますが、魚介というよりは醤油の香りの方が強いかも。

 

麺屋いまむらのつけ麺の麺皿

 

麺皿はこんな感じ。大盛り無料でしたが、いつも通り並で。麺は多加水中太ストレートですな。

トッピングは暴力的なチャーシュー、多めのめんま、もっさり白ネギ、海苔と味玉半分。これは200円のトッピングサービスでして、400円のものもあり、それだと量も倍になると言った感じです。

 

実食

麺屋いまむらのつけ麺の麺リフト

 

予想以上に麺がしっかりしています。もう少しやわめかなと思ったのですが、いい感じに硬くておじさん嬉しくなっちゃったよ。つけ汁は醤油が強いのかな、ややしょっぱめです。がっつり浸けずに半分くらい浸せば小麦とつけ汁の両方の味わいをしっかり楽しむことができます。

 

麺屋いまむらのつけ麺のチャーシューのアップ

 

このチャーシュー、暴力的な見た目と違って意外と食べやすい。なかなか美味しいです。お酒と一緒に少しずつ食べていたら全く苦しくなく最後まで楽しむことができました。

うん、またおま豚魚というわけでもなく、なかなか個性的な攻め方をしたいいつけ麺だなと思いました!

ごちそうさまです!

気になる方は是非!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事