2020.10.19

ゴリッゴリのぶっとい縮れ麺で食べる豚骨つけ麺【ハッスルラーメンホンマ/亀戸】

認定なし
ハッスルラーメンホンマ亀戸店の森つけ麺とチャーシュー丼
スープの特徴
トロトロ
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁

だいぶ前に錦糸町のハッスルラーメンを紹介しましたが、今回は亀戸の本店に来たので記事を書こうと思います。

 

ハッスルラーメンホンマ亀戸店の外観の写真

 

ハッスルラーメンは城東地区を中心に数店舗展開しているラーメン屋です。亀戸、錦糸町のほか、篠崎、浅草、浜町なんかにもあります。メインはチャッチャ系、麺は浅草開化楼。経営元は株式会社ロンパネス。代表の本間氏のインタビューで経歴を知りましたが、元々ラーメン屋をやりたかったというわけじゃないのだそうです。

現在は無借金経営を長くされている模様で、非常に安定した人気を誇るラーメン屋さんです。

ここ、亀戸店と錦糸町店は朝4時まで営業しているのも本当にありがたい。

 

ハッスルラーメンホンマ亀戸店のカウンター席の卓上の写真

 

卓上はこんな感じ。やはり充実している調味料。

そう、この日は深夜3時くらいに入ったため、店内は店員さん2名、お客さんも俺をいれて2名でした。注文は券売機ではなくメニューを見て直接オーダーするシステムで、会計も食後になります。確か錦糸町店でもそうだった気がする。

 

ハッスルラーメンホンマ亀戸店の森つけ麺とチャーシュー丼

もりつけ麺 750円 チャーシュー丼 310円

 

つけ麺は「ハッスル特製」と「もり」の2種類がベースの模様です。錦糸町では特製を注文したところ、チャッチャ系のつけ麺が出て来ましたが、今回はもりつけ麺。こちらはぱっとみたところつけ汁は大勝軒系のつけ麺に寄せたつけ麺の模様です。なるほど、それで「もり」でしたか。

 

ハッスルラーメンホンマ亀戸店のもりつけ麺のつけ汁の写真

 

やや透明感のある豚骨ベースの甘めのスープに、なるとと海苔の上の魚粉。これはもう様式美ですね。香りは大勝軒系にかなり近いと思うんですが、すごいのは油の量。レベルが違う気がします。

 

ハッスルラーメンホンマ亀戸店のもりつけ麺の麺皿の写真

 

そして麺は浅草開化楼。有名な不死鳥カラスさん開発のコシのある強縮れ麺。どうやら涙なしでは語ることのできないエピソードがある模様で、ハッスルラーメン公式Webにはその思い入れがしっかりと書き込まれてありました。

今回はついでにチャーシューご飯をセットで注文しまして、罪悪感がたまらない深夜のつけ麺セットで攻めたいと思います。

 

実食

ハッスルラーメンホンマ亀戸店のもりつけ麺の麺リフト写真

 

うまい。

スープ、暴力的なまでにオイリー。見た目ではわからないかもしれませんが、やっぱり油がものすごいことになっている・・・。これは濃厚豚骨パンチの塊です。これは確かに、この麺でないと太刀打ちできないくらいの攻撃力があります。

これくらいオイリーだといろんな味がインフレを起こすかと思いきや、塩気は意外にも普通。そのため、スープでコーティングされた麺も、しっかり香りまで味わうことができます。

こんだけつけ汁の動物系の油が強いと、魚粉はやっぱり気持ち程度の味変材料と行った感じです。

 

ハッスルラーメンホンマ亀戸店のもりつけ麺のスープのアップの写真

 

錦糸町で食べた特製つけ麺の方が見た目はひどく暴力的でしたが、実際に食べ比べるとなるとこっちの方が重めなんじゃないかと思うほど、食べ応えがあります。

いや〜、しかしこれはすごいな、パンチの塊です。途中、ニンニクやごま、豆板醤などを入れて味変しつつ、最後まで美味しく食べることができました。

ごちそうさまでした!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事