2020.9.13

これは星をとる前に行くべきお店です【中華そば はる/下井草】

緊急激ウマ指定店
中華そばはるの特製つけ麺
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
かえし
醤油
出汁

あんまり事前にお店を調べない俺ですが、それでも実は行ってみたいお店リストというのを作っています。だいたい10店舗ほど目星をつけていまして、クリアしてのこり5店舗くらいになると新たに5店舗ほど補充するというシステムを採用しているのですが、その中でもっとも行きたかったお店に行きまして、そしてめちゃくちゃ感動したのでご報告させていただきます。

今回は西武新宿線の下井草という駅です。俺の大好きなすぎ本(今は神奈川へ移転)は隣の鷺ノ宮駅。西武新宿線はつけ麺を食べる以外では全く使用しませんが、結構雰囲気がいいですよね。

 

中華そばはるの外観

 

中華そば はるは、下井草駅からダッシュで1分圏内にあるお店です。20年近く中華料理屋で経験を積んだ店主が2017年にオープンしたそうなのですが、その人気が口コミで回り始めて、現在は沸騰直前くらいまでになっている模様です。実は同日、ラーメンデータベースの大崎社長もこのお店に来ていたらしく、今日の一杯で大絶賛していました。

入店すると店内の待ち客が1名。店主はワンオペですが、非常に丁寧に作られているのを感じます。これは贅沢だぞ〜。

15分ほどでやっと席が空きまして、着席。

 

中華そばはるの卓上

 

卓上はこんな感じ。調味料は一味と胡椒のGABANがあるだけです。にしてもコップがおしゃれ。

そして卓上には全て「無化調」という書き物が。こういうことを書く店で美味しくなかった試しがない。

 

中華そばはるの特製つけ麺

特製魚介出汁つけ蕎麦  1,000円

 

中華そばはるの特製つけ麺のつけ汁

 

つけ汁は厳選した鶏ベースに昆布や節系で出汁をとった醤油のカエシで出来上がっているらしいです。かなり色が濃く、鶏の香りより出汁醤油の香りが非常に強いです。どういうわけかいりこ系でよくみられるようなザラ感もあります。

つーか器がめちゃくちゃ熱い!!脳に届く前に反射で手を引っ込めてしまうほどの熱さです。これを顔色1つ変えずにしっかりもって提供する店主かっこよすぎだろマジで・・・。

 

中華そばはるの特製つけ麺の麺皿

 

麺皿はこんな感じ。非常に綺麗な彩りと盛り付けで調理の丁寧さが伺えます。麺は平打ち縮れのもちもち麺です。その上にほうれん草、岩のり、たけのこ(!)3種のチャーシュー、味玉、そして白髪葱と柚子皮が乗っています。

びっくりしたのはたけのこ。たけのこがめんまとしてではなく、たけのことして登場しています。

 

実食

まずは一口。

 

 

めちゃくちゃうまい!!!!

これは感動的です。

 

中華そばはるの特製つけ麺の麺リフト

 

濃いめのスープが麺に絡んで、これぞ「つけ」麺といった感じ。

そしてこれほど鶏と魚介のスープが流行っているのに、どことも違うオリジナリティのある味わいなんですよね。しかしそのオリジナリティも決して突飛なものではなく、料理を、味付けのさしすせそとかを完全にマスターした人が作ったオリジナル。全幅の信頼をもって食べることができるほどの安心感があります。

これはマジでうまい・・・!

 

中華そばはるの特製つけ麺ののり

 

そしてトッピングなのですが、基本的に味付けは薄め。要はこれもスープにディップして食べるベースで作られています。ほうれん草、岩のり、そんでチャーシューと、全てが最高です。薄味だからこそ、この濃いつけ汁との相性が抜群です。めちゃくちゃ美味しい。

 

中華そばはるの特製つけ麺のチャーシューのアップの写真

 

チャーシューは3種類。鶏チャーシュー、低温調理の豚、そして普通のチャーシュー。全部柔らかくてマジでたまりません。いいお店の鶏チャーシューは本当にサクっていう食感なんですよね。うまいなぁ。

最後はスープ割りをいただきましたが、これももう非常に美味しい。完璧に味付けを理解している人のスープ割り。三つ葉を散らしていくれていました。変わったことは一切していない、最高級のスープ割りでした。まあ、写真撮ったんですがブレてたんで載せません・・・。

 

本当に美味しかった・・・。西武新宿線、神か!

ごちそうさまでした!

絶対に今後人気沸騰大爆発するお店なので、いくなら今のうちが吉ですぞ!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事