2021.1.16

激戦区池袋で10年以上営業!鶏白湯のスープ割までしっかり楽しめます【鶏の穴/池袋】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁
その他

池袋駅東口から徒歩5分ほどの場所にある「鶏の穴」さんへ初訪問!

池袋といえば「馳走麺狸穴」さんや「元祖めんたい煮こみつけ麺」さんなどの有名店がありますよね!(いつもこのどちらかに行ってしまう、、、)

ということで今回は店名通り鶏の旨味を前面に押し出した濃厚な一杯が楽しめるこちらを紹介します。

 

<外観>

鶏の穴の外観

2008年5月にオープンされました。10年以上の貫禄!大通りを一本入ってすぐのところにあります。

大きい文字で店名が掲げられているので比較的見つけやすいです。看板の右下の絵は鶏の穴かな、、?

休日の12時頃訪問で待ち時間なしで入店できました。

 

<卓上>

鶏の穴の卓上

店内はコの字状のカウンター席が16席。

つけ麺を待っている間にお店の案内を読みます。つけ麺は麺量を100g増やすごとに50円かかるみたい。

生ビールの字面からくる誘惑ってすごいですよね(写真中央)。飲みたいなあ。(つけ麺とビール一緒に頼んだことほとんどない、、、)

 

<全体>

鶏の穴の全体

@つけ麺中盛り、半熟味付け玉子(¥830、¥100)

注文後10分ほどして着丼。麺量は無難に中盛りにしました。

この美味しそうなビジュアル!スープから漂う鶏の香りに食欲をそそられますそそられます。

 

<麺>

鶏の穴の麺

小麦の香りがしっかり立ったツルツルな中太ストレート麺。やや黄色みがかってます。

喉越しがよく、麺も軽いのでスルスルと食べ進められます。自分には中盛りでちょうどよかったです。

 

<味玉>

鶏の穴の味玉

味玉に謎の刻印があったので思わずアップ!鶏の刻印だ!(たぶん)

こういう遊び心って素敵ですよね。

しっかり半熟で自分の好きな卵でした。

 

<スープ>

鶏の穴のスープ

丸鶏の旨味がしっかり凝縮された優しい鶏白湯。酸味、辛味、オイリー感はほとんどなく、ドロドロというよりかはあっさりに近いスープです。魚介感も少しありますね。

これならお年寄りの方でも美味しく最後まで食べられそうだ。

スープ内には極太メンマとゴロっとした鶏チャーシューガイン。思ったよりたくさん入ってます。表面には2種類のネギが浮いてます。

テンポよく麺をすすり、あっという間に完食。卓上調味料は使いませんでした。

鶏白湯のスープ割まで美味しくいただきました。

 

<総括>

つけ麺激戦区池袋で10年以上営業の歴史を誇る安心感のある味が楽しめました。スープ割も美味しいので頼んでくださいね!

鶏の穴さんのHPはこちらから!ごちそうさまでした。

当記事は新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令される以前の飲食、撮影を元に作成しております。また、宣言下に訪れた店舗の記事につきましても政府の要請、方針に則った上で作成しております。なお、非常事態宣言の影響で営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

<店舗情報>

●営業時間:【全日】11:00〜22:30(スープなくなり次第終了)

●定休日:なし

●座席数:カウンター16席

●電話番号:03-3986-2811

●駐車場:近くにコインパーキングあり

●住所:

つけりき
つけりき
Instagramでつけ麺ばかり載せているつけりきです。投稿数は600以上。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報