2021.6.26

インスパイア系の人気店!とうとう野菜のおかわりが自由の時代に!【ラーメン盛太郎/神保町】

ウマつけ認定店
盛太郎のつけ麺の写真
スープの特徴
二郎系
麺の特徴
自家製麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
かえし
醤油
出汁

どうも、せきどです!

週に一度、必ずやってくる二郎系を食べたいという欲求に負けて、今回は神保町にある麺屋、「ラーメン盛太郎」さんにお邪魔しました。盛太郎は神田に本店を置く二郎インスパイア系のお店でして、こちら神保町店は2号店でオープンは約二年前だそうです。両店舗ともかなりの人気がありまして、Webサイトなんかもしっかりおしゃれに作られていますね〜。

 

盛太郎の外観写真

 

場所は神保町駅から靖国通り沿いに東へ行った先。地下鉄出口から徒歩5分ほどでしょうか。ここら辺、個人的に好きなお店が多いんです。つけ麺では言わずと知れた人気店、「神田勝本」がありますし、つけ麺以外では、うどんがめちゃくちゃ美味しいお店や、マグロが安くて美味しい居酒屋さん、そして豆腐と干物がメインの居酒屋さんなど、感染症が落ち着いた後に絶対行きたいお店がたくさんあるんです。

ちなみに靖国通りを挟んで反対側には本家二郎の神保町店があるのですが、残念ながらつけ麺は無い模様です。

 

盛太郎の卓上写真

 

卓上はこんな感じ。ラーメンは690円で食べられるのもまたありがたいですな〜。店内は横に長い作りの店内。カウンターのみですが席数は結構ある感じがしました。入って右奥にある券売機でつけ麺の食券を買います。お好みは茹で後ではなく食券を出すタイミングで。

麺の硬さと、「野菜」「にんにく」「背脂」「醤油」の量を選択できます。今回は初めてだったので「マシマシ、行けますか?」と尋ねたらOKとのことでした。

 

そう、こちらのお店はかなり珍しく、野菜のおかわりが自由のお店なんです。これなら野菜マシマシが食べきれるか不安な方でも、後から追加することができますし、お店側もロスがなくなる感じもします。たしかにこれはありそうでなかった新タイプのインスパイア系だ・・・。最初におかわりができると知った時はもう、青天の霹靂でした。

他にもおかわりできるところ、都内にあるのでしょうか。気になるぜ・・・。

 

盛太郎のつけ麺の写真

つけ麺 840円 野菜マシマシ、醤油、にんにく小

 

盛太郎のつけ麺の麺皿の写真

 

麺皿はこんな感じ。豪快に野菜が盛られています。大雑把に乗っかっているのに加え、結構器自体が大きいため、綺麗な富士山感は出ませんがなかなかの量です。まあ個人的な意見ではありますが、インスパイア系のお店での盛り付け方とか気にしたらちょっと野暮かな〜と思ってほとんど気にしません。

 

盛太郎のつけ麺の麺皿富士山盛りの写真

 

横から見るとこんな感じ。麺は自家製麺とのこと。もちもちしていて食べ応えがあります。

 

盛太郎のつけ麺のつけ汁の写真

 

スープは乳化したタイプの豚骨スープ。まろやかで塩気も極端に強いわけではなく、万人受けしそうなちょうど良い美味しさという感じです。もっちりした麺との相性もとても良く、味に厚みもありまして全体的にバランスはばっちりです。

 

盛太郎のつけ麺の麺リフト写真

 

もちもち食感の太麺の食べ応えもなかなか。その上野菜のおかわりが自由ときたら、もう言うことはありませんね。ワシワシと食べていきます。チャーシューは塩気が強く、厚みもありまして美味しいんだなぁ。

終盤におかわりいけそうだな〜と思ったのですが、次の予定が差し迫っていたため断念。盛られたものだけしっかり食べて、ごちそうさまです。いや〜、めっちゃ食った!

野菜をモリモリ食べたい方、逆に野菜をどれだけ食べられるかわからない方、気になった方は是非、盛太郎に一度行ってみてください!

 

ラーメン盛太郎

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※当サイトの趣旨と異なるコメントは非公開とさせていただきます。ご了承ください。

周辺エリアのつけ麺情報