2020.4.20

魚出汁香るナイスなつけ麺。無骨!この店は無骨すぎるぞ!【らーめん かつお拳/浅草橋】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロトロトロ
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

今回は浅草橋。

 

かつお拳の外観

 

浅草橋から秋葉原方面に歩いていくとかつお拳、というラーメン屋さんがありました。この先にまっすぐいくとミシュランガイドにノミネートされている有名店「くろ㐂」というお店があるんですが、ここまでかつおを推しているその男気にやられちゃいまして、つけ麺があるかもわからずさっと入店してしまいました。つけ麺とは関係ないですが、鮪のシマハラといい、1つの食材をやたら推している店ってなぜこうも魅力的なんでしょうか。

入った瞬間に店内に漂う鰹節の香り。いや、漂うなんてもんじゃなく、ものっすごい鰹節の匂いがするんですよ。鰹節工場にいるんじゃないかと思うくらいのかつおの匂いです(?)。

 

券売機でつけ麺があることを確認し、購入。店内はかなり無骨そうな店主が一人。そしてお客さんも俺の他に1人。これは無骨だぜ・・・。この空間がものすごく無骨だぜ・・・。

 

かつお拳の卓上

 

卓上はこんな感じ。かなりモダンで綺麗なテーブルです。卓上調味料は酢と胡椒と一味、かな。こちらもまた無骨な感じです。全然関係ありませんが、俺的に一番無骨だと思ってる卓上調味料はGABANのでかく四角い胡椒缶です。

 

かつお拳の全部入りつけ麺

全部入りつけ麺 1,050円

 

ものすごいかつおの香りです。これはすごい・・・。

 

かつお拳の全部入りつけ麺の麺皿

 

全部入り、ということで麺皿には大量のチャーシューが乗っています。麺が見えないくらい。その他、めんまと海苔のみという盛り付け。なかなかの無骨具合です。麺は中太のやや縮れ麺。見た目コシが強そうな感じです。

 

かつお拳の全部入りつけ麺のつけ汁

 

問題はこのつけ汁。すごいぞ・・・。

なにやら注意書きをみるに、丸鶏ベースの動物系スープに、3段階の手法でとった鰹出汁を組み合わせているのだとか。なかなか手間のかかる調理方法です。店主のかつおへの意地を感じざるを得ません。

 

実食

かつお拳の全部入りつけ麺の麺リフト

 

ガツンときました!さすがかつお拳!かつおの拳で殴られたような一口目です。煮干し系でエグみを感じることって結構あるんですが、こちらでは鰹出汁でエグみを感じます。これは初の経験。でも嫌なエグみではなく、丁度良いというか、むしろ食べれば食べるほど美味くなっていく感じ。

麺は麺で香り高く、コシもかなりあるため負けてません。

 

そして半分くらい食べた頃。

「あれ・・・? しょっぱい・・・? あれ、このつけ汁しょっぱいぞ・・・!」

かつおが強すぎて塩気の強さに全然気がつかなかった。こんな経験あります? すごくないですか? 食べれば食べるほど、どんどんしょっぱくなっていく。最終的に麺はちょろっとディップする程度で満足の味になりました。これは珍しい。

 

かつお拳の全部入りつけ麺のチャーシュー

 

チャーシューもがっつり乗っているので結構お腹にくるかと思ったのですが、丁寧に薄めにスライスしてもらってたんで全部美味しくいただけました。

 

かつお拳の全部入りつけ麺のスープ割り

 

スープ割りでやっとこさ塩分との戦いが終わりました。すっごいかつおが香る・・・。うまい。全然関係ないのですが、帰り際に店主の「ありがとうございました」の言い方が、なんだかうちの親父を思い出してしまいグッときました。

 

浅草橋駅に最近できた双麺

 

帰り際に双麺を発見。浅草橋にも店舗を出したようですな。近々行こう。

にしても、久しぶりにこれだけかつおが強いつけ麺を食べました。鰹出汁好きな方、ぜひいっぺん行ってみるといいと思います!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事