2020.1.6

池袋駅地下の人気店が非常に意識が高いつけ麺をくりだしてきた【銀座 篝/池袋】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
多加水麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

池袋は非常に人気のつけ麺屋があるにも関わらず、個人的にアクセスするのがめんどくさいためまだまだ開拓が進んでいません。最近になってたまに隙をついて行くようになりましたが、1/10も開拓してないのではないかというくらい。

今回は、そんな未開の地池袋で偶然見つけたつけ麺屋「銀座篝」にやってまいりました。

 

銀座篝

銀座篝池袋店の卓上

 

入り口は、となりのお寿司屋さんが非常に賑わっていたため写真を撮ることができませんでした。ちょっと奥まったところにあるんです。

卓上はこんな感じ。この有機玄米酢はでも見た気がするぞ。麺屋御用達なんでしょうかね。そしてサーモス・タンブラーで水を出す店にハズレはないというジンクス。

レビューではかなりの人気店でしたが、僕が行った時はたまたまか比較的空いていたためすぐに料理が提供されました。

 

銀座篝池袋店の特製つけSoba

特製つけSoba 1,300円

 

はい、意識高い。

 

銀座篝池袋店の特製つけSobaのつけ汁

 

スープはかなりシンプルです。匂いの時点でとりにぼであることはわかりましたが、どちらもしっかり主張しながら中和している感じの匂いでして、なかなかいい感じの調合具合だな〜と思いました(これでとりにぼじゃなかったらめちゃくちゃはずかしい)。

 

銀座篝池袋店の特製つけSobaの麺皿

 

そしてこちらが意識高い系代表の方々です。

右からエシャロット(?)、低温調理鶏チャーシュー、肉、ヤングコーン、たけのこ、かぼちゃ、草、ミニトマト、味玉、そして赤いやつ(?)です。この幅広い具材はマジでフランスコース料理の前菜みたいですよね。

意識高いお店に来るたびに思うのですが、こんな異国の色とりどりのよくわからない野菜を集めておいて、比較的うまく食べられるんだからすごいですよね。まっず・・・ってなったことは過去1度しかありません。

 

実食

銀座篝池袋店の特製つけSoba、ウマつけ認定

 

うまい。

 

銀座篝池袋店の特製つけSobaの麺リフト

 

とりにぼ系で間違い無いでしょう。しかし味の調合はぴったりだし、麺はモチモチでうめえし、さすがだな〜って感じです。本当にうまい。これはこだわりの塊でしょう。思ったより濃度も高くなく、これなら女性や子供でもおいしく食べれます。

 

銀座篝池袋店の特製つけSobaのかぼちゃリフト

 

トッピングは基本的に可もなく不可もなくだったのですが、このかぼちゃだけやたら美味しかったんですがなぜでしょう? しばらく頭の中の「?」マークが消えませんでした。

 

ということで、場所といい、名前といい、食材といい、そりゃうまいよねって感じです。

ごちそうさまでした。

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事