2021.5.21

25年以上愛される有名店がいろいろすごい!つけ麺もうまい!【蔵前元楽総本店/蔵前】

ウマつけ認定店
元楽のつけ麺の写真
スープの特徴
あっさり冷やし
麺の特徴
縮れ麺
麺の太さ
細麺
かえし
醤油
出汁

どうも、せきどです!

いやはや、暑くなったり寒くなったりと結構寒暖差がまだまだありますが、いよいよ梅雨入りの気配もありつつ、だんだんと蒸し暑い感じになってきましたね。こんな時はやっぱりつけ麺を「冷やし」でいただきたくないですか? ということで今回は蔵前にある1995年創業の麺屋さん、「元楽」を紹介します!

 

元楽の外観写真

 

以前銀座の元楽を紹介しましたように、城東地域で4店舗の多店舗展開をされています。銀座、蔵前の他に新橋と亀戸にもあるようですね。そしてここ蔵前は総本店。都営浅草線を使用されている方はわかると思うんですが、元楽の広告が結構いろんな場所に打ってあるんですよね。あれめっちゃうまそうなんです。まぁラーメンなんですが。

ラーメンは背脂の入ったとんこつラーメンですが、俺はまだ一度も食べたことがありません。どうしてもつけ麺を食べてしまうのです。

 

元楽の卓上の写真

 

流石に20世紀に創業されているということもあり店内はかなり年季の入った感じなのですが、すごいことに感染症対策がめちゃくちゃ徹底されています。一蘭レベルで完璧に設置されたブース。各ブースに設置されている消毒液。店員さんは全員がマスクの上にフェイスシールドをしています。年季が入っていながらこの徹底具合は正直すごいです。以前「元楽のコロナ対策がすごい」というネットニュースを見たことを思い出しましたが、もうほんと、その通りです。

卓上調味料はにんにく、ごま油、胡椒、タレ、辛味。タレとごま油はセットでぶためしを注文するときに使うのが効果的です。以前銀座で食べたぶためしはうまかったな〜。

 

元楽のつけ麺の写真

冷やしつけ麺 900円

 

元楽の冷やしつけ麺は夏季限定メニューでして、冬場はあったかいつけ麺をやっています。あっ高いつけ麺の方は、冬になったらまたかならず紹介しますね!

 

元楽のつけ汁の写真

 

元楽の冷やしつけ麺は冷やし中華に近いものがあります。つけ汁もスープというよりは「つけダレ」という感じで、めっちゃ濃い醤油味。生にんにくやごま油なども多少入れたくらいじゃ味の変化がわからないような強さがあります。これがまた冷やしながらもパンチがあって麺の旨みがまた引き立つんですよね。

トッピングのコロコロチャーシューやめんまも塩気がめっちゃ強くてこれが美味いんです。

 

元楽のつけ麺の麺皿の写真

 

麺は細ちぢれ麺。これがコシがあって食べ応えも抜群です。トッピングは刻み海苔にゆで卵。刻み海苔の香りを楽しみたい方は、麺を掬ってディップする際に上に乗った海苔まではディップせずに食べてみてください。マジで良い香りが鼻に抜けていきます。

 

元楽のつけ麺の麺リフト写真

 

途中からはねりからしを麺につけて食べていくと、味がさらに引き締まってめっちゃ美味いです。間にチャーシューを挟むとまた豚の旨みも合わさって口の中が幸せになります。肉まんもそうだけど、ねりからしって合う料理には本当に合いますな・・・。

スープ割りはできるのかな・・・、分かりませんが、元楽の冷やしつけ麺はスープ割りをするよりサッと食べて最後にちびっと濃いスープを飲むのが粋な気がします。塩気がすごくエッジが効いていながらもどこか優しいスープ。今回も最後まで美味しくいただきました。ごちそうさまです!

 

夏場の食欲がない時でもこれならきっと食べて乗り越えられるはず!おすすめです!気になった方は是非、足を運んでみてください!

 

現在、首都圏では新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が出ておりますが、当記事は政府の要請、方針に則った上で作成しております。また、非常事態宣言の影響で営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

 

蔵前元楽総本店

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報