2019.12.2

高円寺のバーで勧められた地元に愛されるラーメン屋の味とは?【太陽/高円寺】

ウマつけ認定店
スープの特徴
あっさり
麺の特徴
多加水麺縮れ麺
麺の太さ
中太-中細
かえし
醤油
出汁

打ち合わせのあとで、高円寺でライターの城戸さん(@sh_s_sh_ma)がたまに立つバーがありまして、そちらに行ってきました。もう何回めだろうか。そのバーで常連さんに「ここらで美味しいつけ麺たべれるところありませんか」と聞いたところ、「日高屋」か「太陽」なのだそう。とりあえず今回は日高屋を見送り、太陽に行ってみることにしました。

 

太陽の外観

 

時刻は23時を少し過ぎたくらい。

乱雑に置かれたテーブル。中はサラリーマンやカップルなどでかなり盛り上がっています。この時点では日高屋とあまり違いがないように見受けられます。

中では下町で生き生き暮らしてきたぞっていうようなおばちゃんが客席を回し、いい感じ。厨房のおじさんたちは寡黙に中華鍋を振り続ける。地元に根付いてきた老舗の大衆料理屋なんだなぁ。

 

そして一緒に頼んだ味玉ラーメンより早く提供されたつけ麺。つけ麺がラーメンより早く出るのは珍しい。使用している麺が一緒の可能性があります。

 

太陽のつけ麺

つけ麺 750円

 

デフォルトで味玉ついてるのか〜!素晴らしい!

 

太陽のつけ麺のつけ汁

 

透き通った清湯スープは優しさの証。爽やかな酸味と煮干しのいい香りがたまりません。中には味玉の他にがっつりチャーシューが入ってます。デフォルトでこれは嬉しい。

 

太陽のつけ麺の麺皿

 

麺はシンプルな縮れ麺。ほりうちを彷彿とさせます。

 

太陽のつけ麺の麺皿アップ

 

実食

太陽、ウマつけ認定

 

これは思っていたよりうまい。

煮干し系との売りですが、昔ながらの鶏の効いた爽やかなスープ。しかしながら返しが濃い口のためサラサラなスープながらも麺としっかり絡まります。

 

太陽のつけ麺の麺リフト

 

ごま油と酢が効いていて、非常にスカッとする喉越しです。

 

太陽のつけ麺のつけ汁アップ

 

なるとが全くもって美味しくないという珍しいパターンでしたが、中に沈んだワカメが非常にうまい。飲んだあとの締めにはマジで最適な一杯でした。ごちそうさまです!

 

咳戸
咳戸
「つけ麺食べたい!」のライター兼管理人。正装はファミ通のTシャツ。鶏清湯と風情のあるお店が好き。

関連記事

関連する投稿はありません。