2019.12.24

今更ですが、舎鈴に行って参りました。お味の方ですが・・・【新宿/舎鈴】

認定なし
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
ストレート麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁

今宵も新宿で、再びMediassortを引き連れてつけ麺修行に参ります。心ははやし田の気分ですが、代表はさっぱり系ではなく豚魚をこよなく愛する方なので、ここは媚を売って近場の(リーズナブルな)豚魚にいくことします。

 

舎鈴

 

舎鈴は、東京の大人気つけ麺、六厘舎の廉価版というイメージが強いですよね。系列が同じで、レビューがどこも六厘舎よりちょっと下がるくらい。味は六厘舎に近いという話もよく聞きますので、いく機会がなかったんです。

 

 

店内テーブルは非常に綺麗な木目調。卓上調味料はゆずと白胡椒、お酢と黒七味。六厘舎にもゆずがありましたね。基本はやはり六厘舎感。

 

 

卓上にスープ割りがあるのはやっぱり楽でいいですね。

 

特製つけ麺 980円

 

どどん。特製で1,000円を切るのはなかなかリーズナブル!

ここで比較用に六厘舎のつけ麺をみてみましょう(比べたがり)。

 

 

こうやってみると、意外にも海苔とチャーシューが器に入っているかいないかと、そぼろ肉があるかないかの違いしかわかりませんね。

 

 

つけ汁はドロ系。俗に言う豚魚ですが、やはりいい匂いがします。となりで代表が「これは絶対うまいやつだ」と喜んでいます。よかったよかった。

 

 

麺皿はなかなか大きなチャーシューが2枚。メンマもいっぱい乗っていますね。味玉と海苔もあり、かなり豪華な見た目。そのそこから少し見える中太麺。うーん、王道豚魚っていろんなところで食べますが、やはりどこでみても食欲をそそる味と見た目をしていますよね。

 

実食

 

うん、予想通りの味。

スープに関しては他の王道豚魚店に比べてやや甘めでコクが深い感じ、六厘舎との違いはほとんどわからないです。やっぱり改めて食べるとしっかりしてるんだよなぁ。

 

スープ割りも本当に特段言うこともないくらい予想通りの味です。ゆずを加えて爽やかに飲みます。

値段も六厘舎に比べて全体的に100円くらい安いので、昼食利用なんかは特にいいんじゃないでしょうか。

 

関連記事