2021.3.5

食べたらイチコロ!鶏×豚×魚介の濃厚つけ麺【鶏そば十番156/麻布十番】

ウマつけ認定店
スープの特徴
ドロドロ
麺の特徴
多加水麺ストレート麺
麺の太さ
太麺
かえし
醤油
出汁
その他

麻布十番駅から徒歩2分ほどの場所にある「鶏そば十番156」さんへ初訪問!156と書いてイチコロと読みます。

156さんはこちらの麻布十番のお店が本店となっており、池袋と調布にも支店を構えられています。

麻布十番というお洒落な土地にあるというだけで期待が高まってしまいますね!

食べただけでイチコロされてしまうようなつけ麺が楽しめるのでしょうか!

 

<外観>

鶏そば十番156の外観

2014年の5月にオープンされました。人通りの多い道沿いにお店があるので割と発見しやすいです。

156という店名が大きく掲げられてます。Kがチキンなのが可愛い笑

休日の19時頃訪問で待ち時間なしで入店できました。テイクアウトもやられているみたいですね!

 

<メニュー>

鶏そば十番156のメニュー

入店前に外に貼り出されたメニューを見ます。どれにしようかな。

 

<卓上調味料>

鶏そば十番156の卓上調味料

お洒落な居酒屋のような内装の店内。アメリカ感がどことなくあります。

壁には著名人と思わしき方々のサインがところ狭しに刻まれてますよ。

卓上にはお酢、胡椒、辛味の調味料のご用意がありました。

 

<全体>

鶏そば十番156のつけ麺

@鶏煮干しつけそば(¥950)

注文後11分ほどして着丼。この日は昼ごはんを結構たくさん食べてしまったので一番デフォルトのつけ麺にしました。

特級鶏煮干しつけそばの豪快なトッピングも気になったので再訪時は食べねば。

各種アルコールやそれに合いそうなおつまみも豊富だったので麺を食べなくとも十分に楽しめそうです。

 

<麺>

鶏そば十番156の麺

もちもちっとした食感が特徴的な極太のストレート麺。麺量は並盛りで200gほどでしょうか。

北海道産の小麦を使用して作られたもので、小麦の香りをしっかりと感じることができます。

麺上には半味玉、メンマ、鶏チャーシュー、三つ葉、海苔がオン。

 

<スープ>

鶏そば十番156のスープ

屋久島産の鯖節、国産の宗田鰹、北海道産の日高昆布、厳選したたっぷりの煮干しからなる香ばしい魚介出汁に、鶏ガラ、豚骨、野菜等を合わせたこだわりの濃厚スープ。

とろみが強く、やや甘味もありとても食べやすいスープに仕上がってます。

スープの上に乗った柚子、魚粉、ねぎも良いアクセントですね。特に卓上の辛味がこのスープとの相性がよかったのでおすすめ!

スープ割りまで美味しくいただきました。

 

<総括>

鶏をベースに各種食材を合わせたこだわりの濃厚つけ麺が楽しめました。

鶏そば十番156さんのTwitterはこちらから!ごちそうさまでした。

当記事は新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令される以前の飲食、撮影を元に作成しております。また、宣言下に訪れた店舗の記事につきましても政府の要請、方針に則った上で作成しております。なお、非常事態宣言の影響で営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

<店舗情報>

●営業時間:【全日】11:00~23:00

●定休日:年末年始

●座席数:テーブル6席、カウンター16席

●電話番号:03-3453-1560

●駐車場:近くにコインパーキングあり

●住所:

つけりき
つけりき
Instagramでつけ麺ばかり載せているつけりきです。投稿数は600以上。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

周辺エリアのつけ麺情報