2020.3.26

定期的に食べたくなる納豆ざるらぁめん【ほりうち/新宿】

ウマつけ認定店
スープの特徴
トロトロあっさり
麺の特徴
多加水麺
麺の太さ
中太-中細平打ち
かえし
醤油
出汁

今回はどうしても納豆ざるが食べたくなりまして、新宿のほりうちに。以前新橋にあるほりうちは記事にしましたが、本店はまだ記事にしていませんでした。

 

 

新宿西口からダッシュで1分圏内にあるこちらのほりうちは、さらにここから徒歩で10秒ほど離れた場所にある満来の暖簾分け店舗です。メニューの内容も、スープも、ほとんど同じなのですが、お客さんを取り合ったりとかないのかな。なんとも面白い関係です。

 

 

入るとかっこいい白帽調理服姿の店員さんが3人。神田勝本の記事でも力説しましたが、こういう格好の料理人が提供するつけ麺はもう意識が高くて非常に安心感があります。

調味料は酢と胡椒。テーブルが白くて綺麗です。

 

納豆ざるらぁめん 1,000円

 

これがめちゃくちゃ美味しいんだ・・・。

 

 

麺は中太平打ち、トッピングは粗めの刻み海苔のみと、麺皿は非常にシンプル。相変わらず、こちらのお店の麺は非常に量が多いんですが、スープがさっぱりしているため全然食べれちゃう。チャーシューざるになると結構大変だけど、チャーシューがなければ本当にすっと全部入っちゃうんですよね。

 

 

そしてこちらのつけ汁は、納豆ががっつり入っています。酸味の効いた鶏ガラ出汁との相性が超抜群なんです。そして納豆をしっかり食べられるように、穴あきのレンゲもあるのです。

 

 

麺をすすると、ほりうちの酸味の効いたクラシックなスープが爽やかでいてガツンときまして、すすった後で納豆の風味が後から鼻に抜けていきます。マジで定期的にこの一口目を食べたくなるのです。

一度マジで食べてほしいメニューです。

関連記事